痴女との出会い攻略法

痴女出会い攻略

痴女プレイに興味があるけど、どうやったら体験できるかわからない…」 「痴女さんって、どうやったら出会えるの?」 「出会い系って、どうせ出会えないんでしょ?
ってか、危なくない?」

そういった悩みはよく聞きます。そんな皆さんのために、ここでは痴女に出会う方法の紹介と、出会いの攻略法を、サイト登録からメール・実際に出会うまでの手順に絡めて紹介していきます。

①自分の性的嗜好を知る

攻略法①自分の性的嗜好を知る

性的嗜好

痴女プレイはざっくり言うと「痴女に責められるプレイ」ですが、細かく考えると様々な内容があります。

男性の性癖によって変わってくるので、まずは自分の中の性的嗜好を明らかにすることが重要です。

続きを読む

攻略法⑥メールを経て、痴女に実際に会うために

痴女と会う

出会いサイトでメールしていた相手と実際に会うことを出会い用語で「面接」と呼ばれます。
痴女さんとのメール交換がうまく行ったら、次の関門は面接です。

続きを読む

攻略法⑦スムーズにプレイ開始するには?

痴女プレイ

痴女さんとの面接で注意することは、普通の出会いと同じです。
・身だしなみをきちんとする
・待ち合わせの10分前には到着
・迷わないように場所は事前に確認、などです。
では、面接からプレイにスムーズに移行するコツを書いていきます。

続きを読む

痴女系キャリアウーマンに個室系の居酒屋で射精管理された…②

痴女系キャリアウーマンに個室系の居酒屋で射精管理された…②

前回を読んでいない人は、『痴女系キャリアウーマンに個室系の居酒屋で射精管理された…①』を読んでください
彼女のマンションに着くなり、拘束されたペニスはそのままに、いきなり濃厚なキス
下半身は半分以上出ている状態で、無理に止められているせいで、膨れ上がったソレは赤黒くグロテスクに見えました。

ソレをあろう事か、彼女はさらにペニスをしごきフェラをしてきて、「出る!」「出ちゃうぅ!!」と思っていても、根元をゴムで縛られているせいで、射精する開放感は得られないし、僕の中で精液は暴れまわるし…
(あぁ!きもちいぃけどきつぃいいいい!!)爆発秒読みみたいな感じでした。

続きを読む
1 / 41234

    S女M男に大人気の射精管理専門コミュニティ[射精管理斡旋所]

    射精管理斡旋所

    射精管理斡旋所の特徴

    射精管理が好きなS女・M男が集まっています。
    射精管理はS女M男向けのSMプレイとして、定番のプレイです。
    メールでも調教できることから、会う前のお試し調教として管理している人たちも多いでしょう。
    ここでは射精管理専門でパートナーを見つけるコミュニティです。

    続きを読む

    完全受け身M性感の痴女サロン[痴女って玉乱]

    痴女って玉乱

    痴女って玉乱の特徴

    M性感、ソフトSMが好きな痴女やマゾ男が集まるコミュニティです。
    完全受身で痴女に何から何まで責められたいというM男には最適なサイトです。
    自分はMなんじゃないか?と疑問を持っているのなら、一度体験してみるといいでしょう。
    快楽責めにあうと、マゾじゃなくてもM性を開花させてしまうかもしれません。

    続きを読む

    S女に屈服させられたい・強い痴女に飼われたいM男の巣[オスブタ箱]

    オスブタ箱

    オスブタ箱の特徴

    男をブタのように足元に跪かせるのがお好きな強いS女様に出会えるサイトです。
    強い女性が多いので、特に肉体的苦痛を快楽と感じるマゾ男性にピッタリです。

    続きを読む

    ボンデージ、ラバー、フェチファッションSNS[Fetishgram]

    Fetishgram

    Fetishgramの特徴

    ボンデージやキャットスーツ、ガーター、ベビードール、ラバーなどの素材のフェティッシュなコスチュームなどが好きな人が集まるSNSです。
    フェティッシュファッションを身にまとい、フェティッシュな写真を撮影するのも好きです。
    いいなと思った写真の投稿者に素敵な写真だと伝えましょう。
    綺麗な写真を見せて褒められたい痴女や女装子がいっぱいです。

    続きを読む

    オスと交尾したい肉食痴女がハント[痴女っ娘と交尾]

    痴女っ娘と交尾

    痴女っ娘と交尾の特徴

    性に飢えた痴女っ娘がオスをハントするという、肉食系痴女が集まったサイトです。
    そのせいで、狩りをされたいという男性も多く集まっていて、新しいサイトのわりには多くの人でにぎわっています。

    続きを読む

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る