女装タックセックスはとっても気持ちいい

タックセックス

女装タック考えた人って天才だよね!
これで女装の幅が広がるし、性転換を考えてる人も一時的には雰囲気が味わえるし、本当にいい。
股間が女の子になれるって夢みたい。

女の子っぽくペニクリいじって、アナマンに指入れてオナニーするの。
とろけるくらいに気持ちがいい。
コツをつかめばメスイキも可能。

続きを読む

アナルジュエリーで汚い肛門がオシャレに

アナルジュエリー

痴女出会いサイトで知り合った痴女さんにアナル調教を受けています。
比較的、スムーズに進んで前立腺でイクまでもないけど感じることはできてます。
少しずつ開発が進んでいることを実感しています。

それで開発の次の段階に入り、アナルストッパーを使うことにしました。
普通のストッパーでは嫌だと痴女さんがいい、綺麗なアナルジュエリーのついたアナルストッパーを入れてくださいました。
自分では見えませんが、痴女さんには丸見えで好評です。

続きを読む

老舗の痴女出会いですごい調教の上手い痴女がいる

尿道プレイ

痴女出会いでは痴女と出会うことができる。
ひと昔前と違って、今やネットで出会いを探すのは当たり前だ。
漠然と異性と出会うことを目的としたサイトよりもセフレやSM、オタクといった専門の出会いサイトが増えている。
そのおかげで出会いやすくなっている。
詐欺サイトもあるにはあるが、昔からある老舗サイトを使えばその心配はない。

老舗の痴女サイト、俺は常連でよく使っている。
ここなら安心して使えるからな。

続きを読む

アナルプレイとは?

アナルプレイ

医学用語でお尻の穴を「アヌス」と呼びます。
それを使ったプレイを「アナルプレイ」と言います。

「尻なんて出すところじゃん!」 というアナタ。普段は「出す」部分を犯されるというのは、かなりの快感を生むんですよ!
肛門あたりには様々な神経が通っていて、上手に開発すれば敏感な性感帯となり得るんです。

ここでは、痴女さんによってM男性にもたらされるアナルプレイの種類とその方法、注意点などを解説していきます。

①アナルオナニー

⑤アナルプレイを行う際の注意点

浣腸プレイ

アナルは性器とは言っても、排泄器官でもあります。
注意しないと、排泄物が散乱したり匂いが残ったり、性感染症を引き起こしたり、という危険性があります。

そうならないために、アナルプレイをする際の注意点を解説していきます。

続きを読む
1 / 1012345...最後 »

    サド痴女様のちょっとハードなSMプレイを受けるなら[調教令嬢]

    調教令嬢

    調教令嬢の特徴

    M男を少しハードにイジメることに喜びを見出すSっ気の強いサド痴女様に出会えるサイトです。
    M性感プレイというよりSM調教に近いプレイが体験できます。

    続きを読む

    SM初心者の為の受身M性感レッスン[SM痴女CLUB]

    SM痴女CLUB

    SM痴女CLUBの特徴

    SM初心者の男の子を優しく調教したい、そんな心優しい痴女様が集まるのがこのサイトの最大の特徴です。 ソフトから~ハード目まで幅広いジャンルが得意な女性が登録しております。

    続きを読む

    完全受け身M性感の痴女サロン[痴女って玉乱]

    痴女って玉乱

    痴女って玉乱の特徴

    M性感、ソフトSMが好きな痴女やマゾ男が集まるコミュニティです。
    完全受身で痴女に何から何まで責められたいというM男には最適なサイトです。
    自分はMなんじゃないか?と疑問を持っているのなら、一度体験してみるといいでしょう。
    快楽責めにあうと、マゾじゃなくてもM性を開花させてしまうかもしれません。

    続きを読む

    痴女ギャルにイジメられたい[ギャルコレクション]

    ギャルコレクション

    ギャルコレクションの特徴

    優しい雰囲気の白ギャル、いかにも勝ち気な黒ギャル。
    どちらも甲乙つけがたい魅力があります。
    基本的に痴女ギャルが多いのは黒ギャルですが、中には白ギャルのようなおっとり優しいタイプでも責めるのが好きな痴女がいます。
    ギャルとの出会いができるコミュニティです。

    続きを読む

    アナルマニア痴女との出会い[おしりクラブ]

    おしりクラブ

    おしりクラブの特徴

    お尻の穴も性感帯って知っていますか?今まで使ったことがないなんて、もったいない!
    M男のアヌス(肛門)を触ったり舐めたり指を入れたりして快感を生み出してくれるアナルマニアの痴女さんって、けっこう多いんですよ。

    続きを読む

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る