痴女プレイに興味があるM男性へ~痴女出会いサイトの紹介

痴女プレイ出会いサイト

「痴女プレイって気持ち良さそー!」
「痴女さんにイジメられてみたい」 「でも、痴女ってどこにいるの?」

というアナタ痴女さんと出会える専用のSNSコミュニティへどうぞ!
いろいろなSNSを分析してみましたので、ぜひご参照ください。

■痴女さんと出会えるSNSコミュニティの紹介ページ

痴女出会いサイト分析

■サイトの利用方法・痴女さんと出会うまでの流れはコチラ

痴女との出会い攻略法

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女プレイ体験談

チャットやメール調教が出来る相手なら実際に会ってプレイできるとは限らない?

SMプレイのパートナーを探す際、実際に会う前にメール調教から始めて相性を確かめてみるケースはよくある事。
しかし、人によってはチャットやメールだけの調教を望んでいる人や、単純に相性が合わないと思われることもあり、実際には会ってプレイできる事の方が稀でしょう。
LINEやカカオを交換したからと言って、メール調教やチャットHをした仲だからと言って、ちゃんと会えるとは限らないメール調教。
意外にメール調教=実際に会えると思っている人が多い中、今回はそのあたりについてまとめました。

初心者ほどすぐに会えると勘違い

通常の出会いと同様に、世間一般的な事実として男性からのアプローチで女性と会う事は中々に難しい事です。
それを解っているのに、チャットやトーク、通話などで調教プレイや相互オナニーなど、エッチな事をしたことで、もう会って実際にプレイできると勘違いしてしまうのが男性の弱い所。
特にメール調教やSMプレイの初心者は、このSMの世界に居るすべての女性が、誰とでもセックスしたいと思い込んでいる人が多いです。
実際SMプレイのパートナーを探している女性は、ただSMプレイを楽しみたいだけでなくしっかり相手の内面や人間性も見ているし、もちろんメール調教だけを目的にしている人もいます。

冷やかし目的

中身が女性であれ男性であれ、冷やかし目的でこちらが必死で会おうと口説いてる様子を見て喜んでいる連中が居ます。
たちの悪い人になると、こちらの写真や個人情報を送らせてネット上に晒されるなんてことも。
よくあるケースとしては、某大型掲示板に“出会い厨を釣る”等といったテーマで、不特定多数の人が閲覧している中でこちらが送ったチャットのやり取りや送った画像を晒され、笑い物にされます。
こういった悪意のあるユーザーの言動は巧みで、写真はネットで拾ってきたものを送ったりチャットの文面では判断しづらいのが憎いですね。

相性が合わないと思わせない

卑猥な文章をチャットしたり、写真を撮るのが恥ずかしくてモタモタしていると飽きられます。
逆に早く返信が欲しくてセッカチになってもウザがられ、相手の気持ちを冷ましてしまい結果的に「相性が合わない」と思われてしまいます。
何よりも会って実際に調教してみたい・されてみたいと思われるよう、フットワークよく対応することが大事です。

キャットファイトに触発されてM格闘を始めた私

格闘に詳しくはないのですが、知り合いに熱狂的なプロレスファンがいたり、M格闘がしたいM奴隷がいたり…。
私の周りには格闘好きが多くいます。
そんな中にいるといつの間にか私も少しずつ浸食され興味が湧いてきました。
本格的にやり始めたのはキャットファイトを見たことです。
「面白そう!私もやってみたい!」そう思ったのです。

といっても、実際に私がやりたいと感じたのはキャットファイトではなくM男性が一方的に受けるM格闘です。
彼女たちのパフォーマンスを見ながら、それを自分とM男性に置き換え、あれをしたら楽しそう、こうしたらあの子はこうなりそうなど私の妄想が膨らみ気持ちが抑えきれませんでした。

初めてやってみたときは、もちろん技なんてかけられないのでプロレス好きの知り合いに相手になってもらいながら練習をしました。
普段のSMプレイとは全く違うので勝手がわかりません。

格闘プレイを楽しむうえで大事なのは身体の柔軟性や筋肉の強さも必要ということで体作りもしました。
技を決めるにはまず自分で受けてみないと感覚が掴めないので受けもします。
普段使わない体の動きをするので筋肉痛にもなりました。

やり慣れて自分のモノになっていない当初は“どう責めたら相手を苦しめながら気持ちよくさせることができるか(エロ加えて)”なんて余裕も持てずたじたじでしたが、私のM格闘への情熱と新しいことへの挑戦という原動力、練習を続けることで何とか形になりました。

まだまだ勉強中ですがM格闘とSMプレイを組み合わせながら自分なりの調教スタイルを探っています。
そうしていくうちに自分の視野も広がりM男性の反応も良くてお互い気持ちよくなれます。
大きな進化です。

SMプレイやフェチプレイは少数派のマニアックなジャンルとしてパートナー探しが大変とされていますが、格闘プレイは更に出来る人がいないので実際に行いたいと思ってもSMプレイよりハードルが高いというイメージが強いです。
でも、格闘好きな女性はいます。そして私のように好きが高じて調教に取り入れるS女も探すとちゃんといます。

そんなのは都市部の風俗店だけじゃないの?と思われる方もいますが、今はそれ以外の出会い方も増えています。
私はマッチングサイトから格闘好きで攻撃されたいM男性を増やしました。
同時に格闘好きのS女性の知り合いも増えました。

自分がやろうと思い、それを行動に移せば誰でもすぐ反応が返ってくる世の中です。

格闘プレイは遠い存在ではなく、興味があれば誰でもできる身近なプレイになってきています。

痛みで朦朧とする意識の中、自分にしか味わえない快楽を堪能したい!
そんなM男性のみなさんはすぐに行動を起こしてほしいと思います。

私ももっといろんな人とプレイをしたいので専用の部屋を作ったり、技を磨いたりして輪を広げていこうと思います。
興味があるのに出来ないでいるなら格闘プレイを一緒に楽しんでみませんか?

最後に。私が好きな技はキャラメルクラッチで顔面責め、グランドコブラツイストで手コキ、チョークスリーパーで乳首責めなどです。
玉責め、言葉責め、顔面騎乗、鞭、アダルトグッズなども加えながら楽しんでいます。

アナルプレイで自分の感じやすい場所を知る

アナルプレイと言えば前立腺を刺激した快楽を楽しむものと思っている人も多い。
前立腺を弄ってやれば、確かに通常のオナニーやセックスで味わえる射精の気持ちよさよりも強い快楽を得られます。
ですが、アナルには前立腺意外にも気持ちよくなるための性感帯はいくつかあるのをご存じでしょうか。
人によっては前立腺と並行して他の性感帯を刺激することでより効果的に、より高純度なメスイキやドライオーガズムを味わっています。
アナニーやアナルプレイ初心者で、前立腺の開発が上手く進まない人でも、前立腺意外の性感帯を刺激する事で、一気にドリアオーガズムへの道が開ける事もあります。
今回はそんなアナルの性感帯について、どんな場所なのかを紹介していきます。

アナルの性感帯は前立腺だけじゃない

アナルにある性感帯は前立腺が代表的な存在ですが、それ以外にも肛門や直腸、精嚢などといった様々な箇所が性感帯として目覚めるポテンシャルを持っています。
もちろんドライオーガズムやメスイキの達成には前立腺への刺激が不可欠ですが、決して無視できない快楽のパターンなのでその気持ちよさも試して損はないでしょう。

直腸・腸壁

ウンチをする際のスッキリ感が気持ちいいのと同じで、直腸内がこすれる感覚は性感帯として目覚める事があります。
アナルの中の感覚は通常よりも触覚が鈍いため、直腸内が気持ちよくなっているのに前立腺が刺激されて気持ちよくなっていると勘違いしている事もあるため繊細に直腸内と前立腺の刺激を区別して認識する事が重要です。

膀胱

排泄する前のおしっこをためておく場所を膀胱と呼びますが、ここも性感帯になりえます。
直腸内の前立腺よりさらに1センチほど奥にあり、指やディルドでも刺激することが可能です。
膀胱も前立腺に近い分、刺激して得られた気持ちよさを前立腺によるものだと勘違いしがちですが、しっかり開発すれば単体でも快楽を得られるようになります。

精嚢

ペニスをしごかずに精子を出すテクニック「トコロテン」をする際に刺激する器官です。
こちらも前立腺よりも奥にあり、正直どこからどこまでが膀胱で、どこまでが精嚢なのか刺激して判断するのは難しいでしょう。
ですが前立腺を刺激したことで得られた快楽と、それ以外の快楽との違いが分かるようになれば出来なくはありません。
特にトコロテンを目指していれば自然と判別できるようになるので焦らず開発していくのが良いですね。

M男×痴女 「○○フレ」な関係

世の中にはいろんな「○○フレ」があって、そんな「○○フレ」に痴女要素を含めたものがM男に人気のようです。

まず「○○フレ」とはどんなものがあるのでしょうか?

□キスフレ

キスフレンド。ただ単にキスを楽しむだけの友達。恋人でもないし肉体関係も持ちません。

□ハフレ

ハグフレンド。性的満足を得るというより安心や幸福感を得られるものとしてハフレの人気があるようです。

□オフレ

お風呂フレンド。オフレには2パターンあり一緒にお風呂に入るハフレと、温泉や銭湯巡りが好きというお風呂好きのハフレ(一緒には入らない)があります。

□ソフレ

添い寝フレンド。一緒のベッドで寝てピロートークなどを楽しみます。もちろん友達なので性交はなしです。

□カモフレ

カモフラージュフレンド。恋人のふりをする友達です。恋愛独特の嫉妬やもどかしいなどの煩わしさがなく楽しいところだけを異性と共有します。

□サンフレ

サンドバックフレンド。女性にボコられるために存在する友達です。男性にメリットはなさそうですがマゾ男性にはそうでもないようです。

○○フレ自体は20代を中心に気軽に付き合える丁度いい距離感の相手として定着していますが、それが巡ってM男と痴女の間でも広がっているのです。

M男と痴女の間でどのように広がっているのか?

通常の○○フレがそのままちょっとマニアックな形として存在しています。

□キスフレ

キスや舐めるのが好きなM男と痴女がなります。
Sっ気の強い痴女が舐め犬のような扱いでM男に足舐めや局部舐めをさせます。またはM男をキス責めで悶々とさせてその様を楽しむといった遊びをしています。

□オフレ

お風呂で遊ぶのが好きなM男と痴女がなります。
濡れても、多少の汚れも気にしなくても大丈夫なお風呂でのプレイは人気です。昔と比べて風呂場に力を入れているホテルも多く、お風呂巡りをしながら痴女に虐められたいM男が多いようです。

□ソフレ

通常のソフレは添い寝をしながら会話を楽しんだりしますが、M男と痴女の場合、M男はベッドでおもちゃになります。または痴女のお世話をします。
痴女のおもちゃになるのは、まぁ、なんとなくわかるとして、お世話とは何か?簡単に言えばご奉仕します。
横になっていたらマッサージをしてあげる、椅子に座っていたら足踏み台になってあげる、性処理のお手伝いをするなど、なんでもいいので相手の喜ぶことを察してM男はご奉仕します。

□サンフレ

M男と痴女の為にあるような関係です。
サンフレでの男性の役目は女性の一方的なストレス発散道具とされていますが、M男と痴女の場合だと叩かれたい・痛みを味わいたい・言葉責め、精神責めをされたい・女性に責められるのが快感だというSM嗜好の強い男性がビシバシ責められて楽しみます。
女性もストレス発散ではなくそういった嗜好の女性でプレイとして楽しんでいます。

一般的な○○フレとは違い、こちらはアダルト要素バッチリ濃いめです。セックスをするしないはお互いの気持ち次第。

とは言っても痴女がいつでも性欲を満たしたいだけのエロイ女とは限りません。
痴女の中にもエッチなことはしたいがセックスのような体力がいることはしたくない女性も多い。でも、愛撫やちょっとした刺激は欲しい。そんなところからイジメられたいM男と刺激が欲しい痴女の○○フレが流行っているのだと思います。

M男と女王様は主従関係で結ばれ、M男と痴女は○○フレで結ばれている。
と言葉にするならそんな感じなのかな?と個人的に思っています。

深い関係にならず、それでいていい加減なわけではなく、マニアックになり過ぎず、でも程よく性欲が満たせる。そんな緩い関係のM男と痴女の○○フレはサラッとした付き合いを望む人にはちょうどいいですね。

本物の痴女と出会ったコミュニティの使用感・感想・レビュー

一度でいいから、風俗じゃなくて本気の痴女にクソほどヤラレたい。
自分があれこれ動かなくても、いちいちやって欲しい事を言わなくても、自発的に気持ちよくしてくれる奉仕型の女性に骨の髄までしゃぶりつかれたい。
もう勘弁してくれ、そう泣き言を挙げるまで精液を搾り取られたい。
亀頭や乳首が赤く擦り剥けるまで執着して責められたい。
そんな女性主導で、痴女の性欲に翻弄される、激しいセックスをしたいと思う男性も多いことでしょう。
そしてそういった痴女は、AVなどの創作で我々に刷り込まれた幻想であると思っている男性も多いのではないでしょうか。
現実に居る女性の中で、このような性欲のぶっ飛んだ女性はやはり数としては少ないのですが、努力次第では出会う事が可能です。
今回はそんな痴女たちとの出会い方について、あるコミュニティに参加してみました。

CRIMSON GIRL
これが痴女探しに利用した、ちょっとSMプレイよりな出会いコミュニティ。
ネット上には痴女出会い掲示板などが乱立し、中には業者やサクラが溢れている病みの深いサイトもある中で、とりあえず試してほしいサイトです。
その理由としては、女性ユーザー層が「性欲の上がる年齢層」であるユーザーが多いため。
こんな詐欺サイトとして叩かれていそうな、胡散臭いビジュアルの出会いコミュニティでも、騙されるのを承知で利用してみると色々見えてくる物がありました。

まず「性欲の上がる年齢層」のユーザーが多いというのは、20代後半から30代の女性たちが多いという事。
身体が良い感じに完熟しようとしている女性たちが、あふれ出る性欲のはけ口にこういったサービスを利用します。
そういったエッチ大好き高性欲な女性であれば、風俗店で働いたらセックス出来てお金ももらえて一石二鳥、そう思う人が大半でしょう。
しかしコミュニティを利用する女性たちはそれをしません。
その理由を実際に彼女たちに聞いてみた所、
「風俗は身バレが怖いし、サービス業だから自分のしたいセックスが出来ない。」
「キモ客にもニコニコしながら接客しないとダメなのが無理。」
「色々命令されずに自分勝手に楽しみたい」
「ヤりたい時にヤりたい男とヤりたいから」
などと言った、回答がありました。
とにかくセックスしたくて仕方がないと言ったイメージで、風俗店に来るランダムな男よりも、この手のコミュニティで男を選んで安全に自分が望むセックスしたいという考えを持っているようです。
逆に無料の掲示板は男の民度が低いのと、風俗店の勧誘が多くてやらない事、有料サービスであれば運営側が男性ユーザーを厳選してくれて安心できるという理由で使っているそうです。

人によっては問題となるのが、20代後半から30代もしくはそれ以上の年齢層という、ちょっと熟系統な女性が多いという事。
20代前半のピチピチした若い子とセックスしたい人には少し残念なことかも知れませんが、ぶっちゃけセックス出来れば30代女でも良いっしょ。
今回このCRIMSON GIRLを使ってみて、サクラや業者っぽいユーザーが全く居ないとは言い切れませんが、比較的少ない方だと感じます。
女性との出会える確率も平均的で、決して誰からも返事が返ってこないという事も無かったのですが、少々女性ユーザーの面食い率が高く感じました。
その年になって、まだイケメンや若い男の子を喰らおうとしているなんて、おこがましさを感じましたが、まぁお互い様と言う事で。

2 / 7812345...最後 »

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る