カテゴリー:プレイ内容の記事一覧

筋肉質痴女は裏切らない

近年では女性でも筋肉をつけて健康的な身体を維持したいと考える人が増えており、適度な筋トレで引き締まった身体をゲットしようという考え方が広がりを見せています。
一方で筋肉質な女性は性欲が高い傾向にある事がよく言われます。
性欲が強いと言っても、人の性欲は数値や見た目で測る事が出来ないため、その信ぴょう性に欠ける部分はありますがなぜ筋肉質な女性には性欲が強い人が多いと言われるのでしょうか。
そこで今回は、女性の性欲と筋肉の関係についてまとめてみました。

女性の性欲の源は?

女性に限らず生物の性欲の源はテストステロンと呼ばれるホルモンの働きによってコントロールされます。
テストステロンとは男性ホルモンと表現した方が一般的に知られています。
このテストステロンは性的な衝動を高める働きがあり、テストステロンが活発な女性or男性ほど、性欲が高い傾向にあるのは当然の事。
性欲のすべてがテストステロンの多寡で決まるワケではありませんが、もっとも分かりやすく性欲の大部分を占める要素としてテストステロンが挙げられます。

また、男性ホルモンが多い女性ほど性欲が強いとも言い換える事が出来ますが、率直な疑問として「男性ホルモン」が多い女性は毛深かったり声が低かったり、男性的な特徴が身体にあるのではないか?という点。
健常な人よりも性欲が強い女性であったとしても、体内で生成される男性ホルモンは、男性のそれとは分泌量に差があり一概に「性欲が強い」=「男性ホルモンが多い」=「男性的な身体特徴」とはいかないそうです。
ところが、女性が分泌する「男性ホルモン」は「女性ホルモン」より分泌量が多く、閉経後に激減する女性ホルモンと比べて男性ホルモンは加齢によって減少する量が比較的緩やか。
女性は歳を重ねると性欲が強くなると言われるのはコレが理由なのです。

筋肉と性欲

まず初めに、筋肉質な女性は性欲が高い可能性にあるという事ですが、その理由から見ていきましょう。
身体を動かす事で、性欲の源であるテストステロンが分泌されやすくなるという事は古来より知られている事。
一番効率よくテストステロンの分泌を促す運動は有酸素運動と言われており、引き締まった筋肉質な女性がトレーニングによく取り入れている運動方法の一つですよね。
さらに、バキバキに鍛え上げられたアスリート並みの筋肉質な身体では、あまりアストステロンの影響から性欲が強くなるとは言えません。
何故なら激しい運動を行うと、せっかく分泌されたテストステロンが筋肉に運ばれてエネルギーとして消費されてしまうから。
有酸素運動という、身体に多少の負荷をじっくり与えて行く運動こそがテストステロンを効率よく分泌し、体内に留めておく方法なのです。

手軽なのに精神的に来る苦痛・拷問プレイ

特殊な道具を用いずに行う、精神的にも肉体的にも効果を発揮する拷問プレイをご紹介。
歴史上で実際に利用された拷問の手法ではありますが、拷問プレイ上では被虐者の安全を十分理解したうえで実践しましょう。

危機感を感じさせて服従させる

実際、拷問プレイと銘打ってパートナーとの情事を行う場合、被虐者の気持ちの上では、本当に危ない行為はされないし危険な目にも合わないだろうという思い込みだったり信頼感といった感情があります。
コツとしてこの安心感を一部無くすのは効果的。
ところが急にその感情をなくすのは難しいでしょう。
一番手っ取り早いのは心理状態に影響を与えるアクションを被虐者に行うこと。
以下に見ていきましょう。

五感を奪う

SMプレイでは王道の目隠しプレイ。
特に、目や耳をふさいで人間が一番頼りにしている感覚を奪うと効果は大きいです。
目や耳が機能しなくなると肌の感触や嗅覚が敏感になるのでより拷問プレイの感度が上がると言った効果が現れます。
ですが、それだとオーソドックスなSMプレイに留まってしまうでしょう。
被虐者に危機感や不安感を与えたり、感情を変えるのが目的であれば時間を置くことが大事。
この手法は「ホワイトトーチャー」とも呼ばれ実際に中東やCIAの尋問でも用いられているほど、他人の感情を操作できるテクニックです。

ストレスポジション

身体の一部に相当な負荷をかけたり、負荷がかかる姿勢の事を言います。
足枷や手錠、緊縛などもこの手法の一種ですね。
例えば最初は楽な姿勢でもしばらくすると慢性的な痛みがやってきますよね。
これがストレスポジションで得られる重要な要素。
最初からストレスを感じる状況を与え続ける事も、通常の精神状態に悪影響を与える効果があります。
例えばテープで片目だけを封印したり、濡れた靴下をはかせたり、耳の穴に湿った綿を詰めたり。
人が嫌がったり気持ち悪がったりする地味な行為を与えてやる事でも精神は削ることが可能です。

野外プレイで起こる危険

青姦や露出など野外で楽しむプレイは、常に誰かに見られるかもしれないという緊張感やバレたらヤバいというスリル、いけない事をしているという背徳感などに興奮する事が醍醐味です。
通常のプレイに飽きた時やもう少し過激なプレイをしたくなった時などによく取り入れられ、比較的誰でもカンタンに出来る事からもその魅力にハマる人が多い野外プレイ。
しかし、手軽に出来る分やはり起こりうる危険や気を付けないと失敗するポイントはたくさんあります。
それらは回避できる失敗や危険であることがほとんどで、少しの気配せで安全に楽しくプレイすることが可能なので、今回はそのあたりについてまとめてみました。

場所選びに気を配る

あえて人通りの多いロケーションを選ぶ人もいますが、見られる事で興奮する人と、バレたらアウトなスリルに興奮する人は違います。
スリルを楽しむのであれば人目に付かない場所を選ぶことは当然ながら、最近では人気のない所こそ防犯カメラなどが設置されている傾向にあるので、そいつの目も気にしましょう。

服装に気を配る

恋人やパートナーと外出中、突発的にしたくなる事もありますが野外プレイには適した服装があります。
青姦を楽しむ場合には脱ぎやすく着やすい服装がベスト。
ゆったりした服で露出する箇所を隠せるような、誰かが来た時にすぐ対処できるものが理想です。
また、膝をついたりズボンを脱いで座ったりすると意外に小石が痛いし汚れも気になるのでハンカチやタオルがあれば超便利ですね。

冬場は寒い

当然ながら冬に野外で服を脱げば寒いです。
セックスすれば温まると思っている人もいますが、寒いものは寒いです。
身体が冷えて風邪を引いたり、おなかを下したり、凍傷になったりする事もあり、十分に楽しむ事もままならないため極端に冷え込む時は控えましょう。
冬場で野外プレイを行う場合はホッカイロなど身体を冷やさない工夫と、短時間で済ませる意識が必要です。

夏場の危険性

わざわざ炎天下で行うアホは居ないでしょう。
ですがプレイ中は少なからず興奮しているので体温が上がって熱中症になる可能性もあります。
日陰を選んでプレイ前とプレイ後はしっかり水分をとって楽しみましょう。
また、場所によっては蚊が沸いています。
虫よけスプレーを身体や周囲に振りまくのも効果がありますが、薬液が付いた身体を舐めるとめちゃくちゃ苦いので注意しましょう。
蚊によっては刺されて感染症になる事もあり得るので、多く湧く水場は避けた方が無難ですね。

チャットやメール調教が出来る相手なら実際に会ってプレイできるとは限らない?

SMプレイのパートナーを探す際、実際に会う前にメール調教から始めて相性を確かめてみるケースはよくある事。
しかし、人によってはチャットやメールだけの調教を望んでいる人や、単純に相性が合わないと思われることもあり、実際には会ってプレイできる事の方が稀でしょう。
LINEやカカオを交換したからと言って、メール調教やチャットHをした仲だからと言って、ちゃんと会えるとは限らないメール調教。
意外にメール調教=実際に会えると思っている人が多い中、今回はそのあたりについてまとめました。

初心者ほどすぐに会えると勘違い

通常の出会いと同様に、世間一般的な事実として男性からのアプローチで女性と会う事は中々に難しい事です。
それを解っているのに、チャットやトーク、通話などで調教プレイや相互オナニーなど、エッチな事をしたことで、もう会って実際にプレイできると勘違いしてしまうのが男性の弱い所。
特にメール調教やSMプレイの初心者は、このSMの世界に居るすべての女性が、誰とでもセックスしたいと思い込んでいる人が多いです。
実際SMプレイのパートナーを探している女性は、ただSMプレイを楽しみたいだけでなくしっかり相手の内面や人間性も見ているし、もちろんメール調教だけを目的にしている人もいます。

冷やかし目的

中身が女性であれ男性であれ、冷やかし目的でこちらが必死で会おうと口説いてる様子を見て喜んでいる連中が居ます。
たちの悪い人になると、こちらの写真や個人情報を送らせてネット上に晒されるなんてことも。
よくあるケースとしては、某大型掲示板に“出会い厨を釣る”等といったテーマで、不特定多数の人が閲覧している中でこちらが送ったチャットのやり取りや送った画像を晒され、笑い物にされます。
こういった悪意のあるユーザーの言動は巧みで、写真はネットで拾ってきたものを送ったりチャットの文面では判断しづらいのが憎いですね。

相性が合わないと思わせない

卑猥な文章をチャットしたり、写真を撮るのが恥ずかしくてモタモタしていると飽きられます。
逆に早く返信が欲しくてセッカチになってもウザがられ、相手の気持ちを冷ましてしまい結果的に「相性が合わない」と思われてしまいます。
何よりも会って実際に調教してみたい・されてみたいと思われるよう、フットワークよく対応することが大事です。

キャットファイトに触発されてM格闘を始めた私

格闘に詳しくはないのですが、知り合いに熱狂的なプロレスファンがいたり、M格闘がしたいM奴隷がいたり…。
私の周りには格闘好きが多くいます。
そんな中にいるといつの間にか私も少しずつ浸食され興味が湧いてきました。
本格的にやり始めたのはキャットファイトを見たことです。
「面白そう!私もやってみたい!」そう思ったのです。

といっても、実際に私がやりたいと感じたのはキャットファイトではなくM男性が一方的に受けるM格闘です。
彼女たちのパフォーマンスを見ながら、それを自分とM男性に置き換え、あれをしたら楽しそう、こうしたらあの子はこうなりそうなど私の妄想が膨らみ気持ちが抑えきれませんでした。

初めてやってみたときは、もちろん技なんてかけられないのでプロレス好きの知り合いに相手になってもらいながら練習をしました。
普段のSMプレイとは全く違うので勝手がわかりません。

格闘プレイを楽しむうえで大事なのは身体の柔軟性や筋肉の強さも必要ということで体作りもしました。
技を決めるにはまず自分で受けてみないと感覚が掴めないので受けもします。
普段使わない体の動きをするので筋肉痛にもなりました。

やり慣れて自分のモノになっていない当初は“どう責めたら相手を苦しめながら気持ちよくさせることができるか(エロ加えて)”なんて余裕も持てずたじたじでしたが、私のM格闘への情熱と新しいことへの挑戦という原動力、練習を続けることで何とか形になりました。

まだまだ勉強中ですがM格闘とSMプレイを組み合わせながら自分なりの調教スタイルを探っています。
そうしていくうちに自分の視野も広がりM男性の反応も良くてお互い気持ちよくなれます。
大きな進化です。

SMプレイやフェチプレイは少数派のマニアックなジャンルとしてパートナー探しが大変とされていますが、格闘プレイは更に出来る人がいないので実際に行いたいと思ってもSMプレイよりハードルが高いというイメージが強いです。
でも、格闘好きな女性はいます。そして私のように好きが高じて調教に取り入れるS女も探すとちゃんといます。

そんなのは都市部の風俗店だけじゃないの?と思われる方もいますが、今はそれ以外の出会い方も増えています。
私はマッチングサイトから格闘好きで攻撃されたいM男性を増やしました。
同時に格闘好きのS女性の知り合いも増えました。

自分がやろうと思い、それを行動に移せば誰でもすぐ反応が返ってくる世の中です。

格闘プレイは遠い存在ではなく、興味があれば誰でもできる身近なプレイになってきています。

痛みで朦朧とする意識の中、自分にしか味わえない快楽を堪能したい!
そんなM男性のみなさんはすぐに行動を起こしてほしいと思います。

私ももっといろんな人とプレイをしたいので専用の部屋を作ったり、技を磨いたりして輪を広げていこうと思います。
興味があるのに出来ないでいるなら格闘プレイを一緒に楽しんでみませんか?

最後に。私が好きな技はキャラメルクラッチで顔面責め、グランドコブラツイストで手コキ、チョークスリーパーで乳首責めなどです。
玉責め、言葉責め、顔面騎乗、鞭、アダルトグッズなども加えながら楽しんでいます。

1 / 7512345...最後 »

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る