カテゴリー:プレイ内容の記事一覧

メスイキさせられたいM男必見の痴女に使って欲しいオススメアダルトグッズ

メスイキさせられたいM男必見の痴女に使って欲しいオススメ道具

皆さんご存じの通り、男性が快楽を得る手段はチンポのみならず乳首、アナルと多岐に渡ります。
今でこそ広く知られている事実ですが、一昔前までは知る人ぞ知る知識でした。
そんな限られていた知識や快感を今や存分に享受出来る…これ程幸せな事ってありますか?

さて、射精を伴わない絶頂の事を「メスイキ」と言いますが、どうやったらメスイキ出来るかご存じですか?
地道に指でアナルを開発とか、前立腺を…とか、そういう考えが思い浮かんだ貴方、ちょっと待って下さい。
せっかく開発する時間が取れるのに、指だけで開発しようとするなんて、新幹線の距離を徒歩で行こうとするようなものです。
開発をより効率的に進めるためには、アダルトグッズの存在が必要不可欠です。

でも、アダルトグッズと言っても多岐に渡りますから、どれから手を出して良いのか分からなくなりがちですよね。
そこで今回は、オススメのアダルトグッズを数種類ピックアップしてみました。
知っているものから、名前を初めて聞くようなものまで様々ではないでしょうか?
さぁ、めくるめくアダルトグッズの世界に飛び込んでみましょう!

①乳首吸引器、指豆ローター


乳首開発初心者でも扱いやすいのが、この乳首吸引器と指豆ローターです。
いきなり乳首に強い刺激を与えるのが怖い、という方はまず、乳首吸引器で乳首を優しく吸い出す事で、少しずつ刺激に慣れて行きましょう。
手動のポンプ式の物から、ダイヤル式で強めに吸いだす物まで種類も様々。
乳首の開発状況によって感じ方は異なって来ますが、真空状態にして乳首を吸いだす事によりお手軽に快感を得る事が出来るので入門として強くオススメ出来ます♪

併せて指豆ローターも使用すると良いでしょう。
乳首吸引器によって引き出され感度の上がった乳首にローターをあてがうと、体が浮いてしまう程の快感を得る事が出来ます。
とは言っても、全くの初心者の場合最初はあまり感じないかもしれません。
しかし、毎日続けて行く事で徐々に、そして確実に感度は上昇して行くんです。

私が開発・調教したM男で、30代にして自分の乳首を一度も弄った事が無い男性が居ましたが…指導の下、毎日コツコツ乳首を弄らせていると、最初は全く感じなかったのがくすぐったさを感じるようになり。
やがて、指豆ローターでむずがゆい気持ち良さを感じ…物足りなくなって、クリトリスに使うような大き目のローターを購入し、ガムテで乳首に貼り付け、メスイキしまくるまでに進化しました。
期間はどのくらい掛かったかというと、おおよそ一か月程です。

今まで触った事のない部位でここまで敏感になり、一か月でここまで感じる事が出来るようになったというのは、凄いと思いませんか?

初心者の内はともかく感じなくて心が折れがちですが、そこで諦めないで粘り強く開発を続けて行く事でメスイキへの道のりが拓けるんです。

②ニップルクリップ


乳首開発からのメスイキを目指すにあたって欠かせないのがニップルクリップ。
上級者から初心者まで幅広く支持され、汎用性も高くコスパも良いという憎いヤツです。
いきなりローターや吸引器は抵抗があるな、という方にもオススメですよ。
見た目もかなりやらしく、感度によってクリップの先端に錘を付けたり、鈴を付けたりして楽しめます。

吸引器やローターはどうしても商業色が強くてイマイチ没頭出来ない…というこだわりを持ったM男が居たんですけど、そういった男性にも取っつきやすいです。
普段見る洗濯ばさみと見た目が似ているせいか、「日常で使うような物でこんなに感じてしまっている」と、気分を煽る事が出来る ようです。

また、チェーンで両乳首のクリップが繋がっている物もありますから、どちらかの乳首のクリップを引っ張るともう片方のクリップも引っ張られます。
犬の首輪を引いて散歩するように、両乳首のクリップをきつく固定して、チェーンを引いてお散歩してあげるのも楽しく開発出来て素敵ですよ。

前述した乳首吸引器や指豆ローターでビンビンになった後の乳首に、クリップを付けてキリキリ締め付ける、という事も出来ます。
ここまでは乳首のみに重点を置いて紹介しましたけど、乳首だけではなくて後述するアナルバイブ、エネマグラと併せると一層開発が進みますし、快感を得る事が出来ます。

もしアナルの開発がどうしても嫌、とかでなければ、アナルの開発と平行して行うとよりスムーズですよ。

③アナルバイブ


いよいよアナルの開発についてです。
アナルの中にある前立腺を刺激し、メスイキ出来るようにするのが最終目標です。
ある程度経験のある方ならいきなりアナルバイブを挿れても良いんですけど、そうでないのならば最初は指でアナルをほぐすところから始めましょう。切れ痔になってしまっては大変ですからね。

アナルバイブの大きさも様々で、初心者向けの細いものから玄人向けの太い物まで様々です。
オススメは、曲がりのあるもの、またバイブの先端に振動機能のついている物です。
初心者が曲がりのないものを使ってしまうと、下手に動かした時に腸壁を傷付けてしまいがちなので。

また、強さについては細かく強弱の付けやすい物を選ぶことをオススメします。
最初は弱い刺激から慣れて行き、開発の段階に合わせて徐々にパワーを強めて行く事を強く推奨します。
最初から強い刺激に慣れてしまうと、並みの刺激では満足出来なくなり、もっと強い刺激を…と求め過ぎた結果、事故に繋がる可能性があるためです。

昔開発していたM男で、アナルバイブ中毒になってしまって何本もアナルにバイブを入れたがる男性が居たんですけど…。
最大でも2本まで、と強く言い聞かせていたのに、ある日衝動に抗えず無理矢理3本入れてしまったようで。
気持ちよくメスイキ出来たものの、やはり無理矢理でしたからアナルが避けたり、当分アナニー出来なくなったりと散々だったようです。

アナルバイブから与えられる凄まじい快感に虜になっても、そこは自重をして。
無理せず、少しずつ開発していく事が要といえます。
開発してメスイキ出来るようになった後でも、同じことが言えます。
快楽を追い求めるのは簡単なんですけど、いかに自分の体を大事にしながら開発していくかっていうのが何気にキモだったりします。

④エネマグラ


エネマグラとバイブの違いですが、バイブは前立腺以外の部分も幅広く刺激出来るのに対して、エネマグラは前立腺への刺激に重点を置いた器具って言えます。
T字型になっているので、どれだけ深く入れても中に入って取り出せない…なんて事にもなりません。
バイブと同様、太いものもあれば細いものもあり、電動のものもあればそうでないものも。
最初はシンプルな、細いものからトライしてみると良いでしょう。
色々使っていく内に自分の前立腺の位置もおおよそ把握出来ますから、そこから自分に合ったエネマグラを探すのがオススメ。

また挿入時は、座り姿勢より横向きに寝転がる姿勢で入れた方がよりスムーズです。
そこですぐ動かすのではなく、数分じっとしてエネマグラをアナルに馴染ませましょう。

違和感が無くなったら、アナルに力を入れたり緩めたりしてみましょう。
そうしていく内にじわじわとむずがゆい感覚が這い上がって来たならば、やり方としては合っています。
アナルの動きに合わせて乳首を引っ掻いたり、つねったりしながらより快感を追及して行きましょう。
こうして他の性感帯と合わせて刺激することで、メスイキしやすくなったりします。

でも、くれぐれもチンポを刺激しないように気を付けて下さい。
あくまで目的はメスイキですので、チンポへの刺激に頼ってしまうと本末転倒になってしまいます。

⑤スポールバン


これは番外編となりますが、アダルトグッズというよりは薬局で普通に購入出来るものですので番外編としました。
スポールバン、通称スポバンです。
一日に4時間~7時間程度スポバンを乳首に貼り付けて、乳首に継続的に刺激を与えます。
この状態を毎日続けていると、乳首の感度が徐々に上がって来るんです。
言うまでもないのですが、これまで挙げたアダルトグッズと併用するとより乳首やアナルへのアプローチが進みますから、針に対する抵抗がなければイチオシの品となります。

ちなみに、あまりに長く貼り続けてしまうと皮膚への負担がかかりますので、どんなに長くても1日12時間以内にしておいた方が賢明です。

⑥おわりに


今回はメスイキをメインとしたアダルトグッズの紹介をさせて頂きました♪
様々なアダルトグッズがありますから、解説やレビューを良く読んで購入してみると良いですよ。
また、アダルトグッズを使う前の肩慣らしとして、日用品で慣らすのもアリです。
スポンジの荒い面で乳首をこすってみるとか、輪ゴムで弾くとか、歯ブラシで刺激を与えたり。
アナルに指のみならず、ボールペンを挿入してみたり。
ただしこれらはあくまで「肩慣らし」であって、きちんとメスイキしたいのであればアダルトグッズはやっぱり不可欠だな~というのが、M男を開発しまくってきた私の見解です。

以前、メスイキ希望のM男2人を開発した事があります。
各々に肩慣らしとして日用品で弄って貰って、その後様子を見て、各々にアダルトグッズを渡して、日々使うように指示しました。
片やきちんと毎日アダルトグッズを使い、もう片方は…残念ですけど、中々会えない時期だったのを良い事に、アダルトグッズの使用をサボって、日用品メインで開発をしてました。
私は、二人の感度を見極めた上でプランを提案してたのに。

それでどうなったかと言うと、三か月後には片やメスイキ達成。
もう片方、日用品メインで開発してた方はメスイキ出来ず。
メスイキした方のM男は、そこから自分で様々な種類のエネマグラやバイブを揃えて、充実したメスイキライフを満喫してます。
メスイキ出来なかった方は、そこから更に一年かけてかろうじてメスイキ出来るようになりましたけど…
日用品の刺激ばかりに慣れてしまったので、余計な時間がかかってしまいましたね。

メスイキを目指すなら、ある程度知識のある人の下、管理して貰って指示を正しく守る事が大前提です。
皆さんは気をつけましょうね♪

イってもイっても止めてもらえない!気持ちよすぎて病みつきになる強制連続射精と射精管理

射精管理とは?

誰しもが一度は聞いた事がある射精管理。実際に経験した事ある人も経験した事無い人も一度は耳にした事があると思います。実際、AVの世界でも普通に行われているプレイの1つで、簡単に言えば【連続射精】【射精寸止め】この2つが組み合わさって射精管理と言われている事が多いです。

強制射精について


強制射精…とにかく男性側の意思とは関係なくただひたすらに射精を求められる事。射精が終わっても休憩無しに連続して射精を強要される事もちらほら。男性は一度射精をすると性欲が減衰すると言いますが、減衰する前に更なる快楽を与えると前の時以上に感じる事も多いです。その時には男性なのに射精ではなく潮を吹いてしまう事も。

射精寸止めについて


強制射精とは逆で、射精する寸前で快楽を強制的に止められるプレイが射精寸止め。男性にとって一番快楽のピークを迎える…直前で快楽を止められる。それがどれだけ苦痛かは想像できますね?
一度ならまだしも、それが何度も何度も続く事で精神的に狂ってしまう男性もいるみたいですが、その寸止めされる事が快楽になる人がなんと9割もいるから不思議ですよね。

風俗でも経験できる?


この記事を読んでいる方も実際に風俗で強制射精や射精管理を経験した人も多いんじゃないでしょうか?実際、風俗のオプションなんかでもあるプレイで、ただ手コキやフェラを止められたりするだけで楽しめるプレイです。
ただし、中には1回射精したらそれでおしまいというお店もあるみたいなので、そういうお店の場合は大抵はオプションで射精無制限というのもあるみたいなのでそちらも合わせて利用するのがオススメです。

射精管理を経験するには


この記事を読んで射精管理や強制射精に興味が湧いた人も多いんじゃないでしょうか?じゃあどうすれば「そういった経験ができるの?」と疑問に思ってる方も多いですよね。
普通の女性相手にはなかなかお願いできないので、必然的に痴女やギャル、S女性にお願いする事になります。となるとそういった女性と知り合う・出会う場はどこ?という事にもなりますね。
結論から言えばナンパすれば早いのですが、それができないなら「風俗に行く」「出会い系サイトで探す」この2択が一番ベターだと思います。下記にオススメサイトのリンクも載っていますので、興味があれば是非利用してみて下さい。


▼オススメ記事
どうやったら女王様に出会えるの?M男がS女を探す為の5つの方法

筋肉質痴女は裏切らない

近年では女性でも筋肉をつけて健康的な身体を維持したいと考える人が増えており、適度な筋トレで引き締まった身体をゲットしようという考え方が広がりを見せています。
一方で筋肉質な女性は性欲が高い傾向にある事がよく言われます。
性欲が強いと言っても、人の性欲は数値や見た目で測る事が出来ないため、その信ぴょう性に欠ける部分はありますがなぜ筋肉質な女性には性欲が強い人が多いと言われるのでしょうか。
そこで今回は、女性の性欲と筋肉の関係についてまとめてみました。

女性の性欲の源は?

女性に限らず生物の性欲の源はテストステロンと呼ばれるホルモンの働きによってコントロールされます。
テストステロンとは男性ホルモンと表現した方が一般的に知られています。
このテストステロンは性的な衝動を高める働きがあり、テストステロンが活発な女性or男性ほど、性欲が高い傾向にあるのは当然の事。
性欲のすべてがテストステロンの多寡で決まるワケではありませんが、もっとも分かりやすく性欲の大部分を占める要素としてテストステロンが挙げられます。

また、男性ホルモンが多い女性ほど性欲が強いとも言い換える事が出来ますが、率直な疑問として「男性ホルモン」が多い女性は毛深かったり声が低かったり、男性的な特徴が身体にあるのではないか?という点。
健常な人よりも性欲が強い女性であったとしても、体内で生成される男性ホルモンは、男性のそれとは分泌量に差があり一概に「性欲が強い」=「男性ホルモンが多い」=「男性的な身体特徴」とはいかないそうです。
ところが、女性が分泌する「男性ホルモン」は「女性ホルモン」より分泌量が多く、閉経後に激減する女性ホルモンと比べて男性ホルモンは加齢によって減少する量が比較的緩やか。
女性は歳を重ねると性欲が強くなると言われるのはコレが理由なのです。

筋肉と性欲

まず初めに、筋肉質な女性は性欲が高い可能性にあるという事ですが、その理由から見ていきましょう。
身体を動かす事で、性欲の源であるテストステロンが分泌されやすくなるという事は古来より知られている事。
一番効率よくテストステロンの分泌を促す運動は有酸素運動と言われており、引き締まった筋肉質な女性がトレーニングによく取り入れている運動方法の一つですよね。
さらに、バキバキに鍛え上げられたアスリート並みの筋肉質な身体では、あまりアストステロンの影響から性欲が強くなるとは言えません。
何故なら激しい運動を行うと、せっかく分泌されたテストステロンが筋肉に運ばれてエネルギーとして消費されてしまうから。
有酸素運動という、身体に多少の負荷をじっくり与えて行く運動こそがテストステロンを効率よく分泌し、体内に留めておく方法なのです。

手軽なのに精神的に来る苦痛・拷問プレイ

特殊な道具を用いずに行う、精神的にも肉体的にも効果を発揮する拷問プレイをご紹介。
歴史上で実際に利用された拷問の手法ではありますが、拷問プレイ上では被虐者の安全を十分理解したうえで実践しましょう。

危機感を感じさせて服従させる

実際、拷問プレイと銘打ってパートナーとの情事を行う場合、被虐者の気持ちの上では、本当に危ない行為はされないし危険な目にも合わないだろうという思い込みだったり信頼感といった感情があります。
コツとしてこの安心感を一部無くすのは効果的。
ところが急にその感情をなくすのは難しいでしょう。
一番手っ取り早いのは心理状態に影響を与えるアクションを被虐者に行うこと。
以下に見ていきましょう。

五感を奪う

SMプレイでは王道の目隠しプレイ。
特に、目や耳をふさいで人間が一番頼りにしている感覚を奪うと効果は大きいです。
目や耳が機能しなくなると肌の感触や嗅覚が敏感になるのでより拷問プレイの感度が上がると言った効果が現れます。
ですが、それだとオーソドックスなSMプレイに留まってしまうでしょう。
被虐者に危機感や不安感を与えたり、感情を変えるのが目的であれば時間を置くことが大事。
この手法は「ホワイトトーチャー」とも呼ばれ実際に中東やCIAの尋問でも用いられているほど、他人の感情を操作できるテクニックです。

ストレスポジション

身体の一部に相当な負荷をかけたり、負荷がかかる姿勢の事を言います。
足枷や手錠、緊縛などもこの手法の一種ですね。
例えば最初は楽な姿勢でもしばらくすると慢性的な痛みがやってきますよね。
これがストレスポジションで得られる重要な要素。
最初からストレスを感じる状況を与え続ける事も、通常の精神状態に悪影響を与える効果があります。
例えばテープで片目だけを封印したり、濡れた靴下をはかせたり、耳の穴に湿った綿を詰めたり。
人が嫌がったり気持ち悪がったりする地味な行為を与えてやる事でも精神は削ることが可能です。

野外プレイで起こる危険

青姦や露出など野外で楽しむプレイは、常に誰かに見られるかもしれないという緊張感やバレたらヤバいというスリル、いけない事をしているという背徳感などに興奮する事が醍醐味です。
通常のプレイに飽きた時やもう少し過激なプレイをしたくなった時などによく取り入れられ、比較的誰でもカンタンに出来る事からもその魅力にハマる人が多い野外プレイ。
しかし、手軽に出来る分やはり起こりうる危険や気を付けないと失敗するポイントはたくさんあります。
それらは回避できる失敗や危険であることがほとんどで、少しの気配せで安全に楽しくプレイすることが可能なので、今回はそのあたりについてまとめてみました。

場所選びに気を配る

あえて人通りの多いロケーションを選ぶ人もいますが、見られる事で興奮する人と、バレたらアウトなスリルに興奮する人は違います。
スリルを楽しむのであれば人目に付かない場所を選ぶことは当然ながら、最近では人気のない所こそ防犯カメラなどが設置されている傾向にあるので、そいつの目も気にしましょう。

服装に気を配る

恋人やパートナーと外出中、突発的にしたくなる事もありますが野外プレイには適した服装があります。
青姦を楽しむ場合には脱ぎやすく着やすい服装がベスト。
ゆったりした服で露出する箇所を隠せるような、誰かが来た時にすぐ対処できるものが理想です。
また、膝をついたりズボンを脱いで座ったりすると意外に小石が痛いし汚れも気になるのでハンカチやタオルがあれば超便利ですね。

冬場は寒い

当然ながら冬に野外で服を脱げば寒いです。
セックスすれば温まると思っている人もいますが、寒いものは寒いです。
身体が冷えて風邪を引いたり、おなかを下したり、凍傷になったりする事もあり、十分に楽しむ事もままならないため極端に冷え込む時は控えましょう。
冬場で野外プレイを行う場合はホッカイロなど身体を冷やさない工夫と、短時間で済ませる意識が必要です。

夏場の危険性

わざわざ炎天下で行うアホは居ないでしょう。
ですがプレイ中は少なからず興奮しているので体温が上がって熱中症になる可能性もあります。
日陰を選んでプレイ前とプレイ後はしっかり水分をとって楽しみましょう。
また、場所によっては蚊が沸いています。
虫よけスプレーを身体や周囲に振りまくのも効果がありますが、薬液が付いた身体を舐めるとめちゃくちゃ苦いので注意しましょう。
蚊によっては刺されて感染症になる事もあり得るので、多く湧く水場は避けた方が無難ですね。

1 / 7512345...最後 »

    S女に屈服させられたい・強い痴女に飼われたいM男の巣[オスブタ箱]

    オスブタ箱

    オスブタ箱の特徴

    男をブタのように足元に跪かせるのがお好きな強いS女様に出会えるサイトです。
    強い女性が多いので、特に肉体的苦痛を快楽と感じるマゾ男性にピッタリです。

    続きを読む

    痴女お姉さんと格闘技[FIGHT CLUB]

    FIGHT CLUB

    FIGHT CLUBの特徴

    痴女なお姉さんと汗だくになりながら格闘技を掛け合いたい。 そんな思いを実現した格闘マニア必見の日本一大きなコミュニティサイトです。 ただ無心にプロレス技をかけあっても良し、格闘しながらエロに持っていくのも良し。 今流行りに流行っているプレイを体験できるのはここだけです!

    続きを読む

    失敗ナシ!どんなSMニーズにもマッチする出会い系[痴女Mania]

    SM痴女CLUB

    痴女Mania

    痛いのはイヤだけどエロエロな痴女にソフトにいじめられたり主導権を握ってもらいたいというソフトMな男性から、がっつりアナルを掘られたり鞭でスパンキングされたいというハードプレイ希望のM男まで、ぜーんぶ叶えちゃうのがこのサイト!
    オールマイティにカバーできるのはもちろん、女性ユーザーが多く出会える確率もぐっと高くなっています

    続きを読む

    オスと交尾したい肉食痴女がハント[痴女っ娘と交尾]

    痴女っ娘と交尾

    痴女っ娘と交尾の特徴

    性に飢えた痴女っ娘がオスをハントするという、肉食系痴女が集まったサイトです。
    そのせいで、狩りをされたいという男性も多く集まっていて、新しいサイトのわりには多くの人でにぎわっています。

    続きを読む

    アナルマニア痴女との出会い[おしりクラブ]

    おしりクラブ

    おしりクラブの特徴

    お尻の穴も性感帯って知っていますか?今まで使ったことがないなんて、もったいない!
    M男のアヌス(肛門)を触ったり舐めたり指を入れたりして快感を生み出してくれるアナルマニアの痴女さんって、けっこう多いんですよ。

    続きを読む

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る