カテゴリー:筋肉質痴女の記事一覧

痴女たちにダイエットのためにボクシングプレイでM男を使ってもらう

格闘プレイ

ダイエットにボクシングジムに通うことにしたという女性は多いと思う。
それを聞いたマゾの僕は僕をサンドバックにしてください。
僕はいくらでもダイエットのお手伝いをしますから!!!
と言いたくてたまらない。

これを実際に言える痴女出会いコミュニティがある。
僕はそこで実際に言って痴女にサンドバックにしてもらったのだ。
とてもとても幸せだった。

続きを読む

格闘プレイで男をボコボコにすると楽しい!

格闘プレイ

昔から空手習ってたから弱い男には興味ないんだよね。
でも、自分よりも強い男も悔しいから嫌い。
男に負けたくないからいつも頑張ってきた。
それでも成長するにつれ男との体格差、体力差などが目立ってきて、一生懸命努力してるのに追いつけない。
追い抜かれっぱなしでムカつく。

本気でやり合おうとしても、手加減されてしまって悔しい。
本気で男をボコボコにしてやりたい。

続きを読む

ボディビルダー痴女に圧迫されて気持ちがいい

顔面騎乗

マッチョでムキムキ痴女に格闘プレイでやられたい。
鍛えられて筋肉質な体ってキレイだ。
女性アスリートたちがキレイに見えるのはスポーツでストイックに鍛えてるからだろうな。
でもそこがエロい。

格闘技をやっている痴女と会える格闘プレイ専門サイトで好みの筋肉痴女と会えた。
風俗とかでも一定の需要があるんだね。
こんな好みってマニアックであまりいないかと思ってたけど、ちゃんとこういうサイトがあるってことは需要があるってことで嬉しい。

続きを読む

マッチョ痴女に首絞められ失神して勃起

首絞め

格闘家まではいかなくてもいいから、そこそこ鍛えたマッチョ痴女と会いたい。
格闘プレイ好きのコミュニティってのがあるから、そこで探してた。

好みの人ばかりで、メールのやり取りが大変だった。
全員とうまくいけば!!と思ってたけど、そこまでマメにメールできず。
いろんな人とやるとボロが出るというか、他の痴女に聞いたことをこうだったよね?とか言っちゃって音信普通とかね。
あるよね。

続きを読む

筋肉痴女の練習に付き合うだけでもM心が満たされる

筋肉痴女

程よく引き締まった肉体、筋肉が浮き出た体ってかっこいいですよね。
そんな筋肉痴女に目一杯力をこめて調教されたいです。
体が壊れちゃうかもしれません。
もしそうなったら?と考えるだけでドキドキします。

続きを読む
1 / 712345...最後 »

    艶やかな色気を放つ人妻達[百花繚乱]

    百花繚乱

    百花繚乱の特徴

    サイトイメージで見て分かるとおり、熟れに熟れた人妻との出会いを楽しむサイトです。 人妻と言っても年齢的には、30代後半~なんと60代まで幅広くやりとりをする事が可能です。

    続きを読む

    痴女お姉さんと格闘技[FIGHT CLUB]

    FIGHT CLUB

    FIGHT CLUBの特徴

    痴女なお姉さんと汗だくになりながら格闘技を掛け合いたい。 そんな思いを実現した格闘マニア必見の日本一大きなコミュニティサイトです。 ただ無心にプロレス技をかけあっても良し、格闘しながらエロに持っていくのも良し。 今流行りに流行っているプレイを体験できるのはここだけです!

    続きを読む

    フェティッシュSM専門コミュニティ[フェチナビDX]

    フェチナビDXの特徴

    脚フェチ・尻フェチなどカラダの一部分に魅かれる方や、声フェチ・ヒールフェチなどカラダの付随物に性的興奮を覚える「フェチ」な性癖を持つ男女のためのコミュニティです。 あなたの心の中に隠してあるフェティシズムを開放し、それを満たしてくれるお相手を見つけてください!

    続きを読む

    完全受け身M性感の痴女サロン[痴女って玉乱]

    痴女って玉乱

    痴女って玉乱の特徴

    M性感、ソフトSMが好きな痴女やマゾ男が集まるコミュニティです。
    完全受身で痴女に何から何まで責められたいというM男には最適なサイトです。
    自分はMなんじゃないか?と疑問を持っているのなら、一度体験してみるといいでしょう。
    快楽責めにあうと、マゾじゃなくてもM性を開花させてしまうかもしれません。

    続きを読む

    嗅ぎたい!舐めたい!踏まれたい![あしすと]

    あしすと

    あしすとの特徴

    自分の墓石に美脚な嫁の足型を刻みたいと考えた文豪がいるとかいないとか・・・
    彼がもし現在も生きていたら絶対に登録して遊びまくってるサイトでしょう。

    続きを読む

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る