サイト内検索

お問い合わせ

痴女のペットになって暮らしてます

僕がリョウコさんのペットになったのは半年前の事。

当時の僕は絶望のどん底でした。
というのも長引くコロナ禍の中会社の業績は悪化。それに伴い解雇され失業中だったからです。

失業保険はあったものの当然元々の収入には及びません。また、その保険にも期限があります。
それまでに仕事を見つけなければなりませんでしたが、再就職先を探そうにも同業他社はどこも厳しく受け入れてくれるところはありませんでした。

2ヶ月が過ぎ、3ヶ月が過ぎ、それでも思うように再就職先が見つからない…となると、僕は日に日に焦りが募ります。

そんな時、たまたまネットである言葉を目にしました。“ママ活”です。

女性と一緒に食事などをしてその対価にお金をもらうというもの。
パパ活は聞いた事がありましたが、まさかその逆バージョンもあるなんて…と驚いたと共に、これをすれば多少収入の足しになるんじゃないかとも思いました。女性に食事をご馳走してもらえれば食費を浮くというのも魅力的でした。

ママ活相手はSNSやマッチングアプリで見つけるという事だったので、僕は早速“ママ”になってくれる女性を探してみました。

“コロナで失業して仕事が見つかりません。支援していただけるママを募集します。就活以外はいつでも空いているので、時間など極力合わせます”

僕は自分のスペックと共にこのような内容でママを募集しました。
けれど結果は惨敗。募集から一ヶ月経っても見事に誰にも相手にされません。
僕のスペックは31歳、身長168cmの体重74kgと特別若くもなければチビでぽっちゃり。当然と言えば当然です。僕だってもし逆の立場ならもっと若くてスタイルのいい女の子を選びます。
何か特別なスキルがあれば興味を持ってくれる女性が現れたかもしれませんが、そんなものもありません。そもそも特別なスキルがあればとっくに再就職だって上手く行っているでしょう。

食事をするだけでお金がもらえるなんて甘い話はないと実感させられました。そしてこんな馬鹿げた事はやめよう、そう思った時です。

“ママ活じゃないけれど仕事が見つからないなら私のペットになってみる?”

こんなメッセージが届きました。そしてこれがリョウコさんとのファーストコンタクトだったのです。

ペット、という事は飼育されるのだろうか?でもどうやって?様々な疑問が湧きましたが、これまで全く相手にされなかった僕にとって、こうして手を差し伸べてくれる女性が現れただけでも嬉しい事でした。
そうして僕はとりあえず話だけでも聞いてみようとリョウコさんに返信したのでした。

その後のリョウコさんとのやりとりを要約すると、

“私は痴女、私の家で飼いたい”
“家賃や食費は不要”
“肉体奉仕をしてもらう”

こういった内容でした。
まだ会った事のない女性の家で飼われるなんて不安もありましたが、それよりも家賃や食費は要らないという点に惹かれました。それに肉体奉仕という名の性行為が出来る事も魅力的です。

とはいえ、二つ返事で家を引き払ってリョウコさんの家に転がり込むというのは気が引けます。さすがにそこまでの行動力は僕にはありませんでした。
一方リョウコさんも一度も会わずに僕を受け入れる事までは考えていかなったようです。

そこで、まずは顔合わせをしてリョウコさんに合格をもらえたらお試し期間という事で一週間ほど飼育生活を。そして僕が納得できたら正式にペットとして飼育をするという流れで話がまとまりました。

首輪

顔合わせ当日、やってきたのはハイヒールにタイトスカートが似合う綺麗な女性でした。年齢は僕よりも9個年上の40歳と聞いていましたが、おばさんという感じはなく綺麗なお姉さんといった印象です。

チビでぽっちゃりな僕が言うのもなんですが、もしとんでもない女性がやってきたらどうしよう…という不安がありました。けれどリョウコさんを一目見て、この人になら飼育されてもいいと思いました。後はリョウコさんが僕を気に入ってくれるだけでした。

ただ、僕はリョウコさんと思ったようにコミュニケーションが取れませんでした。
顔合わせでは食事をご馳走になったのですが、何とかリョウコさんに合格をもらいたいという思いで話題を見繕ったり、何か上手な返しが出来たら、と思っていたもののそもそも女性との会話に慣れていないので、結局会話に詰まったり受け答えすらまともに出来ていないのでは?と思うような有様でした。

これじゃあリョウコさんに気に入ってもらえそうにない…食事が終わる頃には僕は意気消沈していました。
けれど、お店を出た後リョウコさんから思いがけない言葉をいただけたのです。

「早速だけどこれからウチ来る?」
「えっ?いいんですか?」

体よく断られるんじゃないかと思っていた僕は口から心臓が飛び出そうになるほど驚きました。もちろん僕が拒否する理由なんてありません。
事前の話通りまずはお試しからという事で、この日から僕はリョウコさんの家でお試し飼育をしてもらう事となったのです。

ちなみにこれは後で聞いて分かった事ですが、なぜまともに会話も出来なかった僕を受け入れてくれたのかというと、

“ペットが上手く話す必要なんてないでしょう?初対面の私と流暢に会話できる男の方が信用ならないわね”

との事でした。また、

“それに見た目が子豚みたいだしペットにピッタリだと思ったの”

とも言われました。

どうやら僕の見た目やコミュニケーションの乏しさがリョウコさんの条件と合致したようです。

「今日から貴方はピグレットね。早速奉仕してくれるかしら」

リョウコさんの自宅に着くと、僕は“ピグレット”と名付けられました。子豚ちゃんという意味だそうです。そして早速奉仕をする事になりました。

まさか顔合わせ当日でこんな流れになるなんて…僕は緊張しまくりです。

「ほら、舐めて」

何をしていいか分からず棒立ち状態でいると、ソファにもたれ足を開いた状態のリョウコさんが僕に指示します。僕はリョウコさんの足の間に跪き、中心へと顔を寄せます。

目の前には牡蠣の襞のような陰唇。愛液のせいかヌメヌメと光沢を帯び、ツンと鼻を突くような淫臭が漂います。
僕は未経験というわけではありませんが、ここ数年女性とは縁がなかっただけにこういった行為も久しぶりで、自然と下半身が熱くなってしまいました。

僕はドキドキしながら舌を這わせました。同時に内股がピクンと震えます。
口の中に広がる酸っぱいようなしょっぱいような味覚は淫臭と混じり合って僕の淫欲を掻き立てます。

クリトリスを吸い、ワレメに舌をねじ込んで、陰唇を舌先でくすぐって…僕は夢中でリョウコさんの淫部を舐め回しました。

「もう少し強めに」
「もっと早く舌を動かして」
「そうそう、それ気持ちいい…」

舐め続けるうちにリョウコさんの息づかいが荒くなっていくのを感じます。リョウコさんも感じてくれている…と思うと、嬉しくなって僕は無我夢中で舐め奉仕をしました。

「あぁ…それイイ…イキそう…」
「んんっ…もうイッちゃう…」
「イク…っ!」

リョウコさんは腰を浮かせ、上下に震わせました。どうやら達したようです。
ソファに背中を委ね、しばらく肩で息をしていたかと思うとおもむろに体を起こすリョウコさん。
今度は僕を床に押し倒し言いました。

「もっと欲しくなっちゃった…」

押し倒された僕はリョウコさんの手で服を脱がされます。一気にズボンをずり下ろされると、ビンビンにそそり立ったものが元気よく飛び出しました。

「貴方も興奮しちゃったの?」
「はい…」
「かわいい…」
「んっはぁ…」

リョウコさんの手が僕のペニスに絡みつき、思わず変な声が漏れてしまいました。
リョウコさんはそんな僕の反応を楽しむように微笑みながら、ゆっくりと上下に手を動かしました。

久しぶりに感じる女性の手の感触…ペニスはますます硬くなり、トロトロと我慢汁が滴ります。

「あぁ…もう我慢できない…入れちゃうわね?」

リョウコさんは僕の体の上に跨がると、ゆっくりと腰を落としました。
ズブズブと飲み込まれていく僕のペニス。中は温かくて窮屈でねっとりと気持ち良くて…

「あぁ…んんっ…」
「気持ちいい?」
「はい…」
「もう、すごく硬くなってる…」

リョウコさんは僕の体に密着するように上体を倒し、僕の耳元で囁きます。その声が官能的で、僕は耳とペニス、両方犯されているような気持ちになりました。

「硬くて気持ちいい…またイッちゃいそう…」
「僕も…イキそうです…」
「じゃあ一緒にイッちゃう…?」
「はい…」

激しく腰を振るリョウコさん。なすがままになる僕。

「はぁ…ダメ…イッちゃう…」
「僕も…」
「あぁっ…イクッ…!!」
「…っ!!」

僕は熱く締まるリョウコさんの中で欲望を噴き散らしました。リョウコさんもまた、僕のペニスを中で咥えたまま果てたようでした。

こうして始まったお試しの飼育生活に僕が不満を感じるはずはありませんでした。
あっという間に一週間が過ぎ、僕は自宅を引き払ってリョウコさんの家に置いていただく事を決意したのです。

「これから正式に私のペットになってくれるって事でよろしくね、ピグレット」
「こちらこそよろしくお願いします」

元々持ち物は少なかったので引っ越しは簡単でした。テレビや冷蔵庫など電化製品は全て処分し、必要最小限の服や日用品だけ持ってリョウコさんの家へ転がり込みました。
僕の帰る場所はもうここしかありません。

僕が本格的にリョウコさんのペットになると、肉体奉仕もさらに過激さを増しました。

「貴方はペットなんだから一人で勝手にしちゃダメよ」

と、正式にペットとなった初日にペニスには貞操帯を装着されました。
南京錠で管理されたペニスは自分の意思で外す事は出来ず、リョウコさんへの奉仕の時にのみ解放してもらえます。

といっても毎回解放してもらえるわけではありません。
奉仕は舐め奉仕とペニスでの奉仕の2通りありました。週に4,5回は舐め奉仕を命じられます。けれどペニスでの奉仕は月に2回ほど。そのペニス奉仕の時にのみ、貞操帯を外してもらえるのです。

「久しぶりだから随分溜まってるんじゃない?」
「私が満足するまで頑張るのよ」
「今日は3回は出してもらうからね」

そう言って僕の腰上に跨がり、精液を搾り取られます。時には手足を縛られ3時間にもわたって精液搾取される事もありました。

また、奉仕以外にもリョウコさんの玩具として扱われるようにもなりました。

「乳首やアナルで感じる変態ペットになってみない?」
「えっ?どうやって…」
「こうするの」

四つん這いにさせられた僕は乳首にニップルローターを、アナルにはアナルパールを挿入されます。

「えっ…あっ…あぁっ…!」
「気持ちイイ?」
「いや…そんなには…」
「これから気持ちよくなってくるはずよ」

一方的に乳首とアナルを弄ばれて最初は気持ちいいというより違和感しかなかった僕。それなのに、弄り続けられるうちにだんだんと快感がこみ上げてきます。

「あっ…あぁ…っ…んんっ…」
「どう?気持ちよくなってきた?」
「は…はい…」
「乳首とお尻で感じちゃうなんていやらしい子豚ちゃんね」

リョウコさんのペットになって3ヶ月もすると、僕はペニスだけでなく乳首やアナルでもイケる変態になってしまいました。

そして半年が経った現在は――

「ほら、しっかり舐めなさいよ。今日は5回イケるまでノンストップで奉仕してもらうからね」
「今日はアナルに尻尾も入れておいてあげるわ」
「お尻振ってどうしたの?気持ちいいの?まるで発情期の豚みたいね」
「自分だけ気持ちよくなって奉仕を疎かにするんじゃないわよ」
「…っ!!」

この日はアナルにパールを仕込まれた状態で四つん這いとなって舐め奉仕をする僕。

まずは挨拶をするように舌全体で一度ゆっくりとワレメを舐め上げます。そしてクリトリスを舌先でくすぐり、陰唇に優しく吸い付いて…
半年も経つとリョウコさんの気持ちいいポイントなどが分かるようになってきます。

けれどアナルの中で蠢くパールの刺激が快感でどうしても舐め奉仕に集中できなくなってしまって…
つい、お尻を振りながらアナルの疼きに意識をやってしまうと、すかさずリョウコさんが叱責。僕の乳首を強く抓り諫めます。

何とかアナルの疼きに耐えながら、舐め奉仕に神経を注ぐ僕。

「そうそう、ちゃんとやれば出来るじゃない」
「気持ちいいわよ…」
「私が満足出来たら貴方もアナルでイカせてあげるからね」
「あぁ…イイ…もうイキそう…」

僕はリョウコさんのペット。リョウコさんに気持ち良くなってもらうため、満足して楽しんでいただくためだけに存在する生き物…そして僕の奉仕で絶頂へと上り詰めてもらえる事が僕の歓び。

僕はいつしかこんな風に思うまでになっていました。

痴女のリョウコさんのペットとして飼育されて夜な夜な奉仕に明け暮れる日々。これが今の僕の生活です。
再就職活動は一応していますが、今はリョウコさんのペットとして存在している事に意義を感じています。
もしかしたらゆくゆくは捨てられるかもしれないですが、その日が来ないようにこれからもペットとして精進していく所存です。

アナルの快感教えてあげる

アナルの快感教えてあげる
みなみ
元プロ痴女
茨城県
23歳
アナル開発

若い頃M性感風俗で働いてた元プロの痴女です。何でみんなアナル使わないの?すっごく気持ち良いのに…アンタの尻穴、開発してあげる。

M患者募集中

M患者募集中
由美子
超絶フェラテク
秋田県
43歳
フェラ&手コキ

ナース服を着た女性に射精管理されたい変態患者いるかな?定期的にアソコを診断してあげる。

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女プレイサポート

主な嗜好
フェチ系
メインユーザー
20~60代
痴女コミュニティ

ツルツル・テカテカなボンテージが好きな方の為の新感覚素材フェチコミュニティです!痴女にはこれを着て調教してもらいたい。レザーの匂いが堪らないなどなど・・きっと素晴らしいパートナーが見つかるはずです。

お友達サイトの更新情報

Topに戻るTopに戻る