サイト内検索

お問い合わせ

車椅子のM男、初めての射精管理体験

「自分で立てないクセにチンコは立つんだね」

こんな暴言すら、M男の僕にとってはご褒美でした。

これは車椅子生活を送っている僕が女王様に射精管理をしてもらった時の体験談です。

車椅子

僕は訳あって車椅子がないと生活できない体です。歩行以外の日常生活はある程度こなせるので一人暮らしをしていますが、ヘルパーさんにも来てもらい何かと介助をしてもらう事もあるといった感じです。

こんな僕なので彼女が出来るはずもないですし、そもそも出会いすらありません。日常的に接点のあるヘルパーさんは基本男性ですし、仮に妙齢の女性が担当になったとしても僕のような体の不自由な男を恋愛対象として見る事なんてあり得ないでしょう。

そういえば、何年か前に車椅子の男性が主人公の恋愛ドラマがありました。
健常者の綺麗な女性が車椅子の男性に恋心を抱き、最終的には結婚をするという内容です。途中、主人公男性の介護を担当するヘルパーの人妻にも想いを寄せられるようなモテぶりでした。
が、こんなのは所詮ドラマの世界の話でしょう。
百歩譲って本当にこんなシチュエーションが生まれるとしても、よっぽどのイケメンでなければ起こり得ないと思います。もしくはそれなりの富と名声があれば可能性はあるかもしれません。

けれど僕はイケメンでもなければ、お金持ちでもありません。幸い手に職はあるものの、ごく一般的な生活を送るのが精いっぱいです。

当然、彼女なんて出来た事はないし、恥ずかしながら30歳を過ぎた今も童貞です。けれど性欲がないわけではありません。そういう時は動画などを見ての自慰でやり過ごしてきました。
だからでしょうか。僕は人一倍性に対する妄想や想像力が逞しいですし、女性に対するコンプレックスも強いです。
その結果、僕のような男が女性と対等に接するのはおこがましい。女性に仕えたり服従する事で何とか存在を認めてもらえる生き物なのだという考えを持つようになりました。

でもこれは逆に言えば、僕のような男でも女性に服従する形であれば相手にしてもらえるかも、という浅ましい打算があった事も自覚しています。
そう、僕は自分のような男は女性に相手にされないと思いつつ、あわよくば女性とお近づきになりたい、出会いたいと願う賤しく卑怯な男でもあるのです。

ちなみにこのような思いを持つようになったのには明確なきっかけがあります。それはある一つの物語、家畜人ヤプーという小説です。
この物語では女性が男性を支配する世界が描かれています。特に日本人の男はヤプーと呼ばれ、便器や馬、愛玩動物などの家畜として扱いやすいような人体改造を施されます。

僕はこの作品を漫画で見て知ったのですが、人体改造により体の自由を奪われ女性に仕えるヤプーと足が不自由でろくに女性と関われない自分が重なりました。そしてまさにヤプーこそが僕のあるべき姿だと思ったのです。

僕の中のM男が目覚めた瞬間でした。

さっきも書きましたが、僕は女性に相手にされないと思いつつ、あわよくば女性とお近づきになりたい、出会いたいと願う賤しい考えの持ち主です。
彼女もいないし女性との接点もないけれど、常日頃からあわよくば出会いが欲しいという気持ちはありました。

そんな僕がある日見つけたのが、男を虐げる事に歓びを覚える女王様やS女性とお近づきになれるサイトでした。
ここならもしかしたら僕のような男でも出会いがあるかもしれない、相手をしてもらえるかもしれない、と思った僕は早速使ってみる事にします。

“車椅子ユーザーのM男です。ヤプーの世界に憧れています。女性様の玩具になりたいです”

といったメッセージを載せたものの反応はありません。逆に僕の方から女性へメッセージを送ったりしました。
それでも無視されたり心ない返事が届いたり、と思うようにはいきません。
やっぱり僕のような男は玩具にもしてもらえないのかと落胆しました。

けれどそれから一日経ってからでした。一人の女性からメッセージが届いていたのです。

“玩具になりたいって何が出来るの?”

僕に興味を持ってくれたのは明白でした。けれど何が出来るのか、と聞かれると僕は困りました。実際の経験もないし、意気込みを書いただけで具体的には何も考えていなかったからです。
かといって、その事を正直に伝えたら興味をなくさせてしまうのではないかとも思いました。

“どんな事でも頑張ります!”

僕は苦肉の策でこのように返事をしました。

“そう。で、車椅子ってなるとどこで楽しませてくれるつもりなの?”

続いての返事もまた僕を困らせるものでした。場所までは考えていなかったからです。
一般的にはラブホテルにでも行くのでしょうか。でも僕は行った事はありません。バリアフリー対策がされているのかも分かりません。
普通のホテルなら車椅子の僕でも問題なく利用出来るのではとも思いましたが、そもそもラブホテルにしても普通のホテルにしても目的地まで行くのに手間がかかります。
僕にとって一番都合がいいのは自宅でした。

いきなり自宅に招くのは失礼だろうか、とも思いましたがどう考えてもそれ以外の選択肢は不都合な点が多いと感じました。

“出来れば自宅に来ていただくのが一番いいのですが、どうしても抵抗があるようならホテルでも構いません”

僕は第一希望を伝えつつ、妥協案としてホテルを提案しました。

“自宅ってまさか実費で来いなんて言わないよね?”

返事の内容からして自宅に来ていただく事について、金銭的な事以外は問題ないように感じました。
確かに自宅まで来てもらうのにタクシー代も出さないでは失礼を通り越して非常識だと思いました。
僕がホテルへ行くとなると介護用タクシーの利用は必須だしさらにはホテル代も必要となるわけで、その分を女性に託すと考えれば何の問題もありません。

“もちろんタクシー代は出させていただきます”

こうして僕は初めて女性と性的な触れ合いをする約束を交わしたのでした。

約束の日の約束の時間、玄関のチャイムが鳴りました。僕の心臓はバクバクです。

インターフォンで玄関の鍵は開いている事を伝えると、間もなくドアが開きました。

「こんにちは」

入ってきたのは細身の綺麗な女性。30代と言っていましたが、20代でも通用しそうな若々しい雰囲気です。
名前はアユミさんと事前に聞いています。

「じゃあ早速始めようか」

アユミさんは部屋に入るなり、バッグの中からプレイで使うであろうグッズを取り出してテーブルの上に置き準備を始めました。
てっきり最初はコーヒーでも飲みながらの会話から…、とお茶の準備をしていたので拍子抜けしましたが、ここは女王様であるアユミさんのペースに従うしかありません。

「服は自分で脱げるの?」
「はい、ズボンは多少時間はかかりますが…」

アユミさんに問われ僕は答えます。衣服の脱着は日常生活で必要不可欠な事なので、普通の人よりも時間はかかるものの自力で出来るようにしています。

「じゃあ、下だけでいいから脱いでくれる?」
「はい」

ヘルパーさんの前で裸になる事も珍しくないので、人前で下半身を露出するシチュエーションにはさほど抵抗はありませんが、それでもやっぱり若い女性の前でとなると緊張してしまいます。
しかもこれから行われる事への期待で僕のチンチンは既に張り詰めていて…羞恥を感じながらも僕は何とかズボンとパンツを脱ぎました。

アユミさんは勃起した僕のチンチンをまじまじと見つめます。こんな経験は初めてです。
これまでたまに女性のヘルパーさんに当たった時、勃起してしまった事はあったもののヘルパーさんはそれを見る事も触れる事もありません。
それだけに、女性の視線が自分の勃起したチンチンに集中しているというこのシチュエーションは、恥ずかしさと共にわき上がる興奮という初めての感覚を味わいました。

「自分で立てないクセにチンコは立つんだね」

うっすらとバカにしたような笑みを浮かべながら言い捨てるアユミさん。
本来なら差別的な暴言以外の何物でもありませんが、この言葉は僕のM心をくすぐりました。

“そうです、僕は自分で立てないクセにチンコだけはいっちょ前に立たせる情けない男です”

こんな気持ちにさせられて、僕はますます興奮してしまいます。

「ヤプーに憧れてるんだっけ?」
「はい」
「じゃあヤプーには手も必要ないよね?」

アユミさんは赤いテープのようなものを手にとって、僕の腕を車椅子のアームレストにくくりつけてしまいました。僕は足どころか両腕も動かせなくなってしまったのです。
これにはさすがに少し恐怖を覚えました。今の僕はもう何をされても抵抗できません。そんな不安が表情に出ていたのでしょうか。

「怖いよね?これで何をされても無抵抗のまま受け入れなくちゃいけないもんね?」
「でも何でもします、玩具にしてください、って言ったのは貴方だからね?」
「まあ、最悪この格好のまま放置して私が帰ったとしてもヘルパーさんは来るんでしょ?」
「餓死や衰弱で孤独死なんて事にはならないだろうから安心しなよ」

アユミさんの言葉で僕はハッとしました。確かに身動きの取れない状態にされても餓死や衰弱をする事はありません。けれどもし本当にこのままアユミさんが帰ってしまったら僕はこの情けない姿をヘルパーさんに見られる事になるわけです。いくらM男だと言ってもSMに理解はないであろう人を巻き込むなんて事は出来ません。恥ずかしい事にも興奮するMとは言っても恥ずかしいの種類が違うのです。

「お願いです…ヘルパーさんにはこんな姿見られたくないので勘弁してください…!」

僕は懇願しました。

「どうしようかなぁ?」

でもアユミさんは笑みを浮かべるだけ。否定も肯定もしません。その反応に僕はますます不安が募ります。さっきまで勃起していたチンチンもしなびてしまいました。

「どうしたの?チンコ、元気なくなっちゃったじゃない」

アユミさんはつまらなさそうに僕のチンチンを指先で弾きます。けれどその表情にまた笑みが浮かびました。

「そうだ、いい事考えた!今から連続で3回射精しなよ。そうしたら解放してあげる」

と言うと、アユミさんは僕のチンチンを握り、扱き始めます。
女性にこんな事をされたのはもちろん初めてで、さっきまで萎えていたチンチンも再び勃起し始めました。

「もしかしてこういうのも初めて?」
「はい…」
「どう?女に手コキしてもらう気分は」
「気持ちイイです…」

自分でするのとは違う感触に少し違和感はありますが、それ以上に女性の手でしてもらうというシチュエーションに興奮しました。
勃起した先端からはトロトロとカウパーが溢れて止まりません。

「こんなに我慢汁出しちゃっていやらしいね。もしかしてオナニーも我慢してた?」
「はい」
「どれくらい?」
「10日くらい…」
「じゃあ私と会う約束してから期待して我慢してたって事かな?」
「そうですね…」
「エロい事期待してオナニーも我慢してたなんてどうしようもないエロマゾだね?」

こうやって言葉でからかわれると羞恥心がこみ上げて、ますますチンチンが硬くなってしまいます。

「また大きくなったね?エロマゾって言われて興奮しちゃったの?それとも10日ぶりだからもうイキたくなっちゃった?」
「はい…もうイキたいです…」

射精の予兆は見えてきました。この調子で扱いてもらったら早々にイッてしまいそうです。

「じゃあイカせたくなるようにいやらしい言葉でお願いしてみてよ」
「…お願いします…僕のエロチンポをイカせてください…!」
「ありきたりでつまんないけど…まあ初めてだし仕方ないか」

アユミさんの手の動きが速くなります。それにつられるように射精感がこみ上げてきました。

「あっ…出る…出ます…!…んんッ」

僕はアユミさんの手で10日ぶりの射精をしてしまいました。

「たくさん出たね。じゃああと2回だよ」

あと2回。この調子なら決して難しい事ではないように感じました。
けれどアユミさんの口から思いがけない言葉が飛び出します。

「言っておくけど、私も忙しいから長居は出来ないよ。まああと30分ってところかな」
「えっ?」

まさか時間制限があったとは…それもあと30分で2回だなんて…
僕は絶望しました。けれどアユミさんも時間も待ってはくれません。

「どうする?すぐに続きをする?それとも休憩する?」

休憩というのは優しさなのか、それともそんな選択は出来ない事を知った上での意地悪なのか、分からないけれど僕にはすぐに続きをする以外の選択肢はありません。

「すぐにお願いします…」

再びアユミさんの手が僕のチンコを扱きます。

「あっ!いぃっ…!!!」

射精したてのチンチンを手コキされるのはあまりに刺激が強すぎて、思わず悲鳴にも似た声を漏らしてしまいました。

「どうしたの?辛い?やめておく?」

アユミさんは心配そうに声をかけてくれますが、顔は笑っています。
僕は首を横に振りました。

「続けてください…」

僕にはこの選択肢しかない事をアユミさんは分かった上での言葉です。これが本物のS女性のやり方なのだと身をもって知りました。

僕は歯を食いしばりながら強烈な刺激に耐えます。その甲斐あってか、5分ほど経った頃にはひりつくような刺激から再び射精を予感するような快感に変わりつつありました。

「はぁ…はぁ…あぁん…」

僕のチンチンも再び勃起し、苦痛の呻き声が喘ぎ声に変わります。

「あー…出る…また出ます…ぅぅっ…!!」

2回目の射精は唐突でした。イキそう…と思うと同時に出てしまいました。

「思ったより早かったね。でも手が汚れちゃったじゃない、舐めてよ」

アユミさんは精液のついた手を僕の顔の前に差し出します。まさか自分の出した精液を舐める事になるなんて…でもここで拒否したらこのまま帰られてしまうかもしれないし、躊躇している間にも時間は刻々と過ぎていきます。
僕は素直に舐めるしかありませんでした。
生臭く口内に絡みつくような味は不味いとしか言いようがありません。自分のものを舐める屈辱と不味いものを味わわされる苦痛はまさにM男が味わうべき所業なのでしょう。僕はヤプーだ、と思う事でこの辛さを受け入れました。

「じゃあ続きをしようか、次で最後だけどどうする?早速する?」

時計を見ると、15分が経とうとしています。最後の射精は15分以内にすれば解放してもらえるという事。これまでのペースなら出来そうな気もしますが、既に2回射精しているだけに油断は出来ません。

「早速お願いします…」
「さっきイッたばっかりなのにすぐまた手コキして欲しいなんて本当にいやらしいね」

アユミさんは僕をからかいつつ、再度チンチンを握り、扱き始めました。
舐め掃除をしていた分、少し休憩出来たのかもしれません。2回目の時よりも刺激は若干少なめでした。それでも上下に扱かれるたびにヒリヒリとした刺激がチンチンを襲います。その刺激から逃れたくても手足が動かせないため、体を身悶えさせる事しかできません。

やはり3度目の射精はそうスムーズにはいきませんでした。イキそうな気持ちよさはあるものの射精の快感にはほど遠く、僕は焦りもあり焦れったくなってきます。思わず腰をモゾモゾさせて射精を追い求めてしまうほどでした。

「あと5分だよ?時間内にイケるかなぁ?」

アユミさんが僕を焦らせます。僕はもう射精に集中するしかありませんでした。

あぁ…もう…こんなに女の人にチンチンを扱いてもらって気持ちいい…イキそう…あぁ…イク…イキたい…イキそう…

僕は夢中でチンチンへ神経を集中させました。そしてどうにか射精の糸口を掴めるような快感にまで辿り着きました。

「あぁ…イイ…気持ちイイです…イキそう…イキたい…」

僕の心の声はいつの間にか言葉になっていました。チンチンの奥が疼いて、こみ上げるような快感が広がってきます。

けれどその時でした。突然アユミさんの手が止まります。

「ちょっと疲れちゃった」

イタズラっぽく笑うアユミさん。これは絶対に確信犯です。アユミさんが扱いてくれない事には僕は射精が出来ません。僕は焦りました。

「お願いします…イカせて…イカせてください…!」

時計は残り3分を指していました。ヘルパーさんにこんな情けない姿を絶対に見られたくない…!僕は泣きながら懇願しました。

「じゃあさっきよりいやらしくお願いしてみなよ」
「あぁ…!もうお願いです…!イキたくてイキたくて堪らない僕の卑しい変態エロチンポをイカせてください…!」

僕は思いつく限りのいやらしい言葉で懇願しました。

「仕方ないなぁ」

アユミさんは満足してくれたのか、妥協してくれたのか分かりませんが、再び手が上下し始めました。

「あぁ!!イク…!イク!イク!イク…っ!!」

言葉で暗示をかけながら自分自身を奮い立たせます。
チンコの奥にこみ上げかけていた快感が再び蘇り、チンコに沿って駆け巡ったかと思うと、透明に近い濁った汁がドクドクと溢れ出てきました。

「ギリギリ射精したみたいだね?」

僕は全身の力が抜けました。完全に放心状態です。射精の快感というよりは間に合ったという安堵感に近いものがありました。

この後、約束通り手の拘束を外してもらい、僕はついに解放されたのです。

「必死で射精する姿、楽しめたわよ」

と言って帰っていったアユミさん。
もしかしたら僕のそういう姿が見たくてこのようなプレイの提案をしたのかもしれませんが、それを聞くのは野暮なような気がしてアユミさんに確かめる事はしませんでした。

“また気が向いたら声をかけてよ”

アユミさんはそう言ってくれましたが、僕はまだそれを実行していません。やっぱりまた手を拘束されて、今度は本当に放置されたらどうしようという不安が少なからずあったからです。

アユミさんとのSMプレイは僕にとってはかなり刺激の強いものでしたが、僕のM度がアップして、放置される事もまた快感と思えるようになったらアユミさんにまたお願いするかもしれません。

タグ:

総合格闘技歴20年!

総合格闘技歴20年!
節子
本格格闘痴女
愛知県
44歳
窒息プレイ

総合格闘技を20年以上やってます。得意なのは締め技。腕の中で男が失神して力が抜けてくのを感じるのがすき。窒息プレイ、けっこうイイよ。

あたしの赤ちゃんになってね

あたしの赤ちゃんになってね
マリア
母性爆発ママ
新潟県
26歳
赤ちゃんプレイ

M男ちゃん、可愛いわね。ほら、ママに甘えていいのよ?オムツ着けてミルク飲ませてあげる。あら、ママのおっぱいがイイの?うふふ、どうぞ。

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女プレイサポート

主な嗜好
格闘プレイ
メインユーザー
20~60代
痴女コミュニティ

痴女なお姉さんと汗だくになりながら格闘技を掛け合いたい。 そんな思いを実現した格闘マニア必見の日本一大きなコミュニティサイトです。 ただ無心にプロレス技をかけあっても良し、格闘しながらエロに持っていくのも良し。 今流行りに流行っているプレイを体験できるのはここだけです!

お友達サイトの更新情報

Topに戻るTopに戻る