サイト内検索

お問い合わせ

M男×痴女 「○○フレ」な関係

世の中にはいろんな「○○フレ」があって、そんな「○○フレ」に痴女要素を含めたものがM男に人気のようです。

まず「○○フレ」とはどんなものがあるのでしょうか?

□キスフレ

キスフレンド。ただ単にキスを楽しむだけの友達。恋人でもないし肉体関係も持ちません。

□ハフレ

ハグフレンド。性的満足を得るというより安心や幸福感を得られるものとしてハフレの人気があるようです。

□オフレ

お風呂フレンド。オフレには2パターンあり一緒にお風呂に入るハフレと、温泉や銭湯巡りが好きというお風呂好きのハフレ(一緒には入らない)があります。

□ソフレ

添い寝フレンド。一緒のベッドで寝てピロートークなどを楽しみます。もちろん友達なので性交はなしです。

□カモフレ

カモフラージュフレンド。恋人のふりをする友達です。恋愛独特の嫉妬やもどかしいなどの煩わしさがなく楽しいところだけを異性と共有します。

□サンフレ

サンドバックフレンド。女性にボコられるために存在する友達です。男性にメリットはなさそうですがマゾ男性にはそうでもないようです。

○○フレ自体は20代を中心に気軽に付き合える丁度いい距離感の相手として定着していますが、それが巡ってM男と痴女の間でも広がっているのです。

M男と痴女の間でどのように広がっているのか?

通常の○○フレがそのままちょっとマニアックな形として存在しています。

□キスフレ

キスや舐めるのが好きなM男と痴女がなります。
Sっ気の強い痴女が舐め犬のような扱いでM男に足舐めや局部舐めをさせます。またはM男をキス責めで悶々とさせてその様を楽しむといった遊びをしています。

□オフレ

お風呂で遊ぶのが好きなM男と痴女がなります。
濡れても、多少の汚れも気にしなくても大丈夫なお風呂でのプレイは人気です。昔と比べて風呂場に力を入れているホテルも多く、お風呂巡りをしながら痴女に虐められたいM男が多いようです。

□ソフレ

通常のソフレは添い寝をしながら会話を楽しんだりしますが、M男と痴女の場合、M男はベッドでおもちゃになります。または痴女のお世話をします。
痴女のおもちゃになるのは、まぁ、なんとなくわかるとして、お世話とは何か?簡単に言えばご奉仕します。
横になっていたらマッサージをしてあげる、椅子に座っていたら足踏み台になってあげる、性処理のお手伝いをするなど、なんでもいいので相手の喜ぶことを察してM男はご奉仕します。

□サンフレ

M男と痴女の為にあるような関係です。
サンフレでの男性の役目は女性の一方的なストレス発散道具とされていますが、M男と痴女の場合だと叩かれたい・痛みを味わいたい・言葉責め、精神責めをされたい・女性に責められるのが快感だというSM嗜好の強い男性がビシバシ責められて楽しみます。
女性もストレス発散ではなくそういった嗜好の女性でプレイとして楽しんでいます。

一般的な○○フレとは違い、こちらはアダルト要素バッチリ濃いめです。セックスをするしないはお互いの気持ち次第。

とは言っても痴女がいつでも性欲を満たしたいだけのエロイ女とは限りません。
痴女の中にもエッチなことはしたいがセックスのような体力がいることはしたくない女性も多い。でも、愛撫やちょっとした刺激は欲しい。そんなところからイジメられたいM男と刺激が欲しい痴女の○○フレが流行っているのだと思います。

M男と女王様は主従関係で結ばれ、M男と痴女は○○フレで結ばれている。
と言葉にするならそんな感じなのかな?と個人的に思っています。

深い関係にならず、それでいていい加減なわけではなく、マニアックになり過ぎず、でも程よく性欲が満たせる。そんな緩い関係のM男と痴女の○○フレはサラッとした付き合いを望む人にはちょうどいいですね。

アナルの快感教えてあげる

アナルの快感教えてあげる
みなみ
元プロ痴女
茨城県
23歳
アナル開発

若い頃M性感風俗で働いてた元プロの痴女です。何でみんなアナル使わないの?すっごく気持ち良いのに…アンタの尻穴、開発してあげる。

顔面騎乗してあげる。舐めなさい

顔面騎乗してあげる。舐めなさい
裕子
クンニマニア
熊本県
46歳
顔騎クンニ

クンニされるの大好きなのに、旦那は舐めてくれないから舐め犬くん募集してます。ガンキスタイルでオマンコもアナルもいっぱい舐めて欲しいな。

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女出会いサポート

主な嗜好
ソフトSM
メインユーザー
20~50代
痴女出会い

"いつまで防御してるつもり?"処女は神秘的だが童貞と聞くと嫌なイメージしかありませんよね。ここで見たのが運命。早速バージン好きの痴女お姉さんに卒業させてもらおう。

お友達サイトの更新情報

Topに戻るTopに戻る