サイト内検索

お問い合わせ

どうやったら女王様に出会えるの?M男がS女を探す為の5つの方法

 SMをテーマに扱った作品や物語は世にたくさんあり、興味があればネットなどで調べるなどすればすぐに情報は手に入りますよね。ただそこから実際の緊縛調教射精管理露出プレイなどを楽しんだりパートナーを探したりしようとするのは、SM=ニッチな特殊性癖であるが故なかなかハードルが高いのではないでしょうか。何事も勝手がわからないものは想像力すら及ばないものです。

 SMで自分の性癖を満たすパートナーを探したい、SMで自分の性癖や興味を開拓したい、そう思っていてもきっかけが掴めずにいる方も多いと思います。そんな悩みを抱えている方、特にドS女王様と出会って思いっきり調教してほしい!こんなドM男を探しているご主人たる女性はいないのか!?とお考えの方に、「M男 x S女」における女王様と出会う方法についてここでは紹介したいと思います。SMプレイと一口に言っても怪我や事故がないよう女王様はプレイを熟知しているべきであり、相応の知識や経験がある人は限られてくるのではないでしょうか。だからこそより効率的にS女王様を探す必要があります。出会い方・探し方をいくつか知ることで、自分にあった方法やコツを理解し、アブノーマルな性癖を満たすための女王様たちと複数のパートナー契約を結ぶことも可能でしょう。

[ 女王様と出会う方法 ]
SMサロン
SM風俗店
ハプニングバー
SM掲示板
SM SNS/コミュニティサイト

前述の5つが女王様と出会う主な方法といえます。またその中でも女王様と出会う方法は大きく分けると2つ、「ネットを通じてコンタクトをとるか」「実際に会いに行くか」です。ここは個人の性格が大きく左右する点でしょう。何事にも物おじしない性格の方なら実際の店舗やイベントに足を運び、体験すればよいだけとも言えます。もちろんその際のマナーは知識として身につけておくべきです。逆に人見知りだったりシャイな方は、ネットを通じてSMプレイやマナーなどの知識や教養を身に着けた後、自信をもって女王様に会いに行くことがおススメですね。

SMサロンで女王様と出会う


 いきなりですがここで断っておきたいのが、この後に紹介する「SM風俗」「SMサロン」は別物であるということです。端的に言えばサービスとしてのヌキが存在するかしないか、という点が大きな違いといえます。ここで紹介する「SMサロン」はヌキ無しという理解でお願いします。

大抵のサロンなどは入会金がある会員制で、時間経過に応じた料金設定がされています。またSMの指向も「S男 x M女」「S女 x M男」の2パターンのいずれかに大別されるものが多いです。お店側スタッフがS/M何れかのタイプによっているほうがお客さんに効率的にサービスを行えるため、当然といえば当然ですね。会員以外はネットや電話で事前の申し込みを済ませ、店舗前のドア越しにアポイントの有無を伝え入店します。入店後はSM経験や趣向や行ってほしいプレイについてのヒヤリングが行われます。自分が行ったSMサロンでは店内はハプニングバーのラウンジとも似たようなスペースで、店側スタッフがお客さんのM度に応じたプレイを行っていました。横に座っていた紳士はマチ針のようなとても細い針や安全ピンで乳首や局部を刺されていたり、ある方はパンツの上からうっ血しそうなくらいギンギンに睾丸を縛られたりしてました。女性たちは、もちろん女王様なので高圧的な態度で接していますが、それぞれSMプレイを熟知しているため、ギリギリの塩梅で適切なプレイを行っているまさにプロの仕事という印象でしたね。また在籍女性も意外といっては何ですが二十歳くらいの若い人もおり、定期的な新陳代謝がなされているのだなと思いました。

料金はお店によってまちまちですが、だいたい入会金が5,000円、1時間毎にこちらも5,000円のチャージがかかります。少々値は張りますが確実に、適切にSMプレイを体験したいならおススメです。また店や他のお客さんには内緒ですが、実際に女王様と付き合っている男性もいました。チャージさえ払えばサービスサービスした接客関係にないような印象だったので打ち解けるのも早そうでしたね。

SM風俗店で女王様と出会う

 こちらはヌキありのサービスです。現在主流の「無店舗型性風俗特殊営業」いわゆる”デリヘル”がベースのサービスですね。利用方法はホテルなどから電話をかけ女性が派遣される、お金を支払ったのち所定の時間内にシャワーを浴びプレイを行う、という流れです。「SMサロン」の女王様もそうですが、初心者を除いてこちらも日々いろんなM男性を相手にしているS女性が在籍しており、また、風俗特有の細分化されたコースやプレイにこちらも細かい料金設定がなされているため知識やテクニックという意味では自ずとレベルが高くなるともいえます。ここはメリットでもありデメリットでもあるとも言えるのですが、前述のとおり細かなプレイ・コース、そこにかかわる基礎用語も多いためこちら側もある程度の知識がないと料金に見合った満足いくプレイをオーダーできない、という点です。ここに関しては是非予約の段階で、自分のポテンシャルと希望について出来る限り店員さんに伝え、女王様にお任せすることから始めてみるのがベストだと思われます。

 料金については入会金が1,000~2,000円、指名料も1,000~2,000円、プレイ料金は時間帯によりまちまちですが1時間平均20,000円程度を目安として考えておけば間違いないでしょう。またプレイ時間については店によって解釈がちがってくるので、開始時間と終了時間をしっかりと確認しておきましょう。この記事のテーマである「女王様と出会う」という点に関しては確実に出会えるといえるでしょう。お気に入りの女王様が見つかれば定期的に予約を入れ、アナル開発プレイなどを行うことも可能です。ただ前述のとおり時間帯でしっかりとしたサービスを行ってもらう業態ではあるので、ここからプライベートでの主従関係への発展はかなり難しいと言えるでしょう。

ハプニングバーで女王様と出会う

 ハプニングバーは色々な性的嗜好を持った単独男女やカップルが集うお店です。そこでは建前として”ハプニング”という偶発性を冠し、客同士の自由意思のもと色々な性的プレイを行うことを前提としています。大抵はバースペースが存在し、そこで性趣向の確認をしあい、条件が一致すればカップルや複数でプレイルームに流れていくようなシステムとなっています。コスプレや女装マニア、露出症や窃視症、中には誰とも関わらずひたすらオナニーを続ける人までいます。SMをテーマにしたハプニングバーも多く、SM設備(拘束用の椅子、X字のはりつけ台、天井のフック、三角木馬)などが用意されている店も存在しますが、全体的印象としてはガチのSMプレイヤーはあまり存在しない印象で、あくまで変態プレイを盛り上げるアイテムとしてSM要素で遊んでみている感じですね。

 料金については、定期イベントがあるようなある程度開けた印象のコンセプトや、少人数でコアな時間を過ごすような店など、お店の方向性によってまちまちです。入店~入会金が0円のお店もありますが、平均すると男性7,000円前後、女性は高くても3,000円、カップルで入店すると大抵単独より安くなります。時間ごとのチャージも同じような価格帯です。

 客層の傾向としてはやはり男性が多く女性が少ないです。また入店前に店内に何人人がいるか、店外での客同士の接触も基本禁止されているので、日によっては全然人がいない日があります。単独女性にアプローチが集中しやすいため、常連などでない限り女性にとってはハードルが高い環境とも言え、S女性がM男性を探しに来たとしても倍率が高すぎたり男性からの”圧”に耐え切れず帰ってしまう場合が多そうです。結論としては上級者のS女王様に出会うのはむつかしいと言えます。

SM掲示板で女王様と出会う

 ネットを介した出会いに関して無料チャットサービスと共に古くから利用されているのが掲示板サービスです。いわゆる2ちゃんねるのように、とてもマニアックな性癖も、あらゆるジャンルの趣向についてスレッドがあるため昔はマニア雑誌や口コミで情報収集し、しかるべき場所を探さなければならなかったものがネット以降では掲示板上でアポをとり待ち合わせをすることができるようになりました。ゲイの方々が利用するいわゆる発展場がネットに移った、と考えるとわかりやすいかもしれません。  こういったSM掲示板やアブノーマル掲示板のよいところは、基本的にSMや緊縛、調教などテーマが絞り込めているため、気兼ねなく気軽にマニアックな相手を探せると言う点です。あとはほぼ全ての機能を無料で使えるという点も大きいです。

 しかしオープンのSM掲示板は以上のメリットよりもデメリットが勝ってしまうのが事実です。全体的に言えることですが、こちらも男性からの書き込みが多く女性の割合が少ない傾向があります。また一番はセキュリティ面です。メールアドレスやLINE IDを書き込んでの募集は不特定多数、特に詐欺や監禁など犯罪行為を企んでいる人間の目にもついてしまうため、いわゆる捨て垢などを利用しなければとても危険です。初動で顔や身元が確認できない状態で プライバシーに関わる情報や性癖を明かしたり、実際に出会うことはかなりのリスクがあることをよく理解してく利用することが肝要です。女王様との出会いを即望むのはむつかしいですが、返答をくれた方と情報交換をしたりしてSMの知識を増やすには気軽に使えるでしょう。

SM SNS・マッチングサイトで女王様と出会う

 古くはmixiやFacebookに代表されるSNSや出会いを前提としたコミュニティサイトでは、前述の掲示板サイトのように情報交換やパートナー募集の場を移したようなグループやスレッドが多種多様に存在しています最近ではコミュニティやマッチングサイト・出会い系サイトでもコミュニティ機能を有しており、そこには当然「SM」でも「S男 x M女」「S女 x M男」や緊縛、調教、射精管理、野外露出、凌辱、スカトロ、放置などなど様々な趣向に特化~細分化されたコミュニティもあります。  また SNS/コミュニティサイト/マッチングサイト/出会い系では各種募集掲示板が存在しており、一般的な彼氏彼女・セフレ募集などの大手出会い系サイトでもSM~変態調教系のパートナー募集が行われている様子も見受けられます。ただ一般サイトでのSM募集の場合は明らかに場の空気に対して浮いているものが多く、援助やお礼などの金額提示を匂わせる募集以外はほとんど盛り上がっていないのが現状といえます。大手はもちろん会員数が多いですが、マニアックな性的趣向などをサイトサービスとしてフォローしきれておらず、経験豊富なS女王様がM男探しに利用している形跡はほとんど見受けられません。「S女王様と出会う」「専属M奴隷になる」という明確な目的があるなら、やはり専門性の高いサイトを利用するべきだと思います。当然こういったマッチングや出会い系に類するネットの会員制サービスには月額制や従量課金制などでの利用料金が発生します。また専門性が高いサイトほど女性も有料であったりする場合も多いです。このことは一見利用のハードルを高めていて人の集まりが悪いのではないか?と思うかもしれませんが、その分マニアックな性癖を本気で追求しようという意気込みのあるS女性やM男性しか利用していないと言えます。例えるならチェーン店の大衆居酒屋でお金を落とすか、会員制の高級ラウンジでお金を落とすかみたいな違いです。ここまで紹介した色々なサービスから判断してもわかる通り、コスト安=サービスが悪い・リスクが高い傾向が確実にあります。またここにおいては利用する場合は「本気度」を試されると思ってください。SM玄人を装うことは全くありませんが、プロフィールや行ってみたいプレイをなるべく丁寧に書くことが良いパートナーを見つける第一歩です。

まとめ

 女王様との出会い方について色々と紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?それぞれに、メリット・デメリット、特性があり一概にどれが良いとは言い切れないところもあります。一般的なサービスの場合は利用人口も多く、運営側もその分の売り上げが生まれ、利用者のコストも安く済む場合が多いですが、ニッチなジャンル、特にSMなどの趣向のマニアックなものだと安全性や確実性を求めると多少のコストは覚悟しなければならないでしょう。ご紹介した5つの方法をベースにご自分にあったSM出会いを試してみてくださいね。

「S女 x M男」専門・初心者から信頼できる女王様を探したいアナタへ

タグ:

授乳しながらフェラでチュウチュウ

授乳しながらフェラでチュウチュウ
結衣子
子育て痴女
島根県
25歳
フェラチオ

子ども居るけど浮気してイイでしょ?赤ちゃんにオッパイ吸われながらおチンポ吸うの最高なの。いっぱいミルク飲ませてね。

アナルの快感教えてあげる

アナルの快感教えてあげる
みなみ
元プロ痴女
茨城県
23歳
アナル開発

若い頃M性感風俗で働いてた元プロの痴女です。何でみんなアナル使わないの?すっごく気持ち良いのに…アンタの尻穴、開発してあげる。

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女出会いサポート

主な嗜好
ソフトSM
メインユーザー
20~50代
痴女出会い

"いつまで防御してるつもり?"処女は神秘的だが童貞と聞くと嫌なイメージしかありませんよね。ここで見たのが運命。早速バージン好きの痴女お姉さんに卒業させてもらおう。

痴女出会いランキング