サイト内検索

お問い合わせ

男(43)が強制的に女性化開発されイキまくりになった話

男(43)が強制的に女性化開発されイキまくりになった話

恐ろしことに当時の私は43歳で、病気の進行により余命1年と宣告を医師からされました。
過去を振り返ると何も凄い事に挑戦していなかったと後悔をしました。
20代の頃はセックスに明け暮れ、毎日違う女とはめまくっていました。

その時でした、ある一人の女性に肛門の中におふざけで指を入れられた記憶を思い出したんです。
はじめは違和感ばかりだったのですが、段々と奥の方から温かくなってきて、なんとも心地よい快感に膀胱が包まれました。
股間は勃起しないが、肛門なら老いぼれでも出来ると思い、家族に隠れて肛門を触りました。

ですが全く気持ちよくない、あのときの感覚は一体なんだったのだろうか。
このままでは死んでも死にきれぬと思い、ネットで色々と方法を探し、一つの事が見えてきました。
それは前立腺を刺激することだけによって体感できる、射精よりも断然気持ちいいオーガズムだった、ということです。

他の人の意見など見ると、「ヤバイ!」「もう射精じゃ満足できん」など興奮を掻き立てる事ばかり書いてありました。
その他に「自分じゃ怖くてむりだったけど、出会い系で知り合ったお姉さんに開発されて、今ではイキまくり」と投稿されており、そこに貼られているリンクをクリックしました。

ページに表示されたのはうつくしいお姉さんのイメージ画像でした。

「死ぬ前に経験しておきたい。登録しよう。」

っと自分に言い聞かせるように私は会員になりました。

長くなりそうなので、サイト上のやりとりは省かせてもらいますが、たくさんのお姉さんに調教メールを頂きました。
ほんとうにこの年でも会ってくれる女性がいるとは驚きでした。

私が出会ったお姉さんは経験がとても豊富で、わずか一週間で私は女性化開発をされメスイキをしてしまう体になってしまいました。

「ああ。ああああ!」 「ほ~ら。またイっちゃった。はやいね~。」

名称の分からない器具でアナルの中をほじくられ、何度も強制的にアナガズムを迎えてしまいます。
今では立たないペニスも同時に扱かれると、なんとドロっとした液体、当時は知らなかったのですが、トコロテンも経験してしまいました。

「じゃっいつものいくね」 「ああああああ!」

ペニバンをアナルに押し込まれ、私は悶え喘ぎ、幾度も幾度もドライオーガズムを体感し、それはそれは射精よりも格段にすばらしい快感でした。

そのおかげなのかわかりませんが、医師に病気が治癒に向かっていると聞かされ、私はこう心の中でおもったんです。

「また気持ちいいアナニーができるんだ!」と。

上手く開発されたおかげで、今では自分でドライオルガズムに到達することができます。
射精に変わったオナニーが見つかって、死ぬまでにたくさん楽しめそうです。

総合格闘技歴20年!

総合格闘技歴20年!
節子
本格格闘痴女
愛知県
44歳
窒息プレイ

総合格闘技を20年以上やってます。得意なのは締め技。腕の中で男が失神して力が抜けてくのを感じるのがすき。窒息プレイ、けっこうイイよ。

アナルの快感教えてあげる

アナルの快感教えてあげる
みなみ
元プロ痴女
茨城県
23歳
アナル開発

若い頃M性感風俗で働いてた元プロの痴女です。何でみんなアナル使わないの?すっごく気持ち良いのに…アンタの尻穴、開発してあげる。

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女出会いサポート

主な嗜好
イメージプレイ
メインユーザー
20~40代
痴女出会い

どこが具合悪いの?優しいお姉さんが診察してあげますよ。そんな子供の頃夢見た、おいしゃさんごっこも遂には現実になりました。ヒンヤリ冷たい金属器具で体を思う存分診察されて下さい。

痴女出会いランキング