痴女プレイに興味があるM男性へ~痴女出会いサイトの紹介

痴女プレイ出会いサイト

「痴女プレイって気持ち良さそー!」
「痴女さんにイジメられてみたい」 「でも、痴女ってどこにいるの?」

というアナタ痴女さんと出会える専用のSNSコミュニティへどうぞ!
いろいろなSNSを分析してみましたので、ぜひご参照ください。

■痴女さんと出会えるSNSコミュニティの紹介ページ

痴女出会いサイト分析

■サイトの利用方法・痴女さんと出会うまでの流れはコチラ

痴女との出会い攻略法

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女プレイ体験談

痴女と出会う時に押さえておきたい5つのポイント

「どうすれば痴女と出会ってセックスできるんだろう?」 出会いサイトを利用すれば痴女と出会うのは意外とカンタンです。 ネットで相手を探している性欲旺盛な女性はたくさんいますからね! でも…好みの女性と知り合えてもうまく関係を発展させられない、セックスに持ち込めない…。 または、一度会った後もう会ってもらえなくなった。長続きしない…。 そんな方は是非この記事を参考にしてみてください。 痴女と出会うときに押さえておきたい5つのポイントをまとめました。 ポイントを押さえれば必ず好みの痴女とプレイすることが可能ですよ!

1・タイプを見極めよう

痴女の中にも色々なタイプの女性がいます。 とにかくセックスが大好き! 激しいエッチを楽しみたい。騎乗位でガンガン腰を振ったり、ヨダレダラダラのいやらしいフェラや乳首責めで男性に感じてもらうのが好き、というタイプ。 女盛りなのに欲求不満… 彼氏や旦那さんとセックスレスな女性。 たくさんクンニしてほしい、お互いに沢山気持ち良くなりたい、イチャイチャもしたい。 M男を責めるのが好き。 Sっ気があり、女王様タイプの女性。 ソフトSMや調教プレイを楽しみたい。 貴方はどんな痴女とどんなプレイがしたいですか? 自分の性的嗜好をハッキリさせておきましょう。 お互いの希望プレイが合致すれば自然と良い関係になれるものです。 たとえば舐めるのが好きで長時間のご奉仕も苦にならないならば、セックスレスでたくさんクンニされたいと思っている淫乱人妻に喜ばれます。 逆に、どんなプレイがしたいのかハッキリしていないと、会う前も会ってからも盛り上がりません。 痴女はセックスを楽しみたいと考えているので「この人とエッチしたら楽しそう」と思われることが大切です。 相性のいい相手と出会うためには、目的に合ったサイト選びが大切です。 それから、出会いを増やすこと! 数撃ちゃ当たると言われるように、理想の痴女と出会えた男性は必ずそれまでに何十人とメッセージを送ったりアプローチしているもの。 クラブやハプニングバーなどには痴女も多くいるので、勇気を出してストリートナンパにチャレンジしてみるのもいいですよ。

2・アピール方法

いくら痴女と言っても、相手は誰でもいいというわけではありません。 特に女性の場合はセックスしたければ相手はよりどりみどりです! 出会いサイトでも、魅力的でエッチな女性には当然たくさんの男性からアプローチがあります。 その中から選んでもらわなければいけません。 とはいえ、そんなに難しく考える必要はなく、礼儀正しく丁寧な言動を心がける・清潔感に気を遣うなど、まずは人として当たり前のことをきちんとしていればOK。 出会えないという男性にはこの基本的な部分ができていない人が非常に多いのです。 その上で、相手のどんなところに魅力を感じたか、自分はどんな性的嗜好の持ち主か、どんなプレイがしたいのかをアピールしましょう。 ひと言で言うと変態紳士になればOK! 普段はちゃんとした社会人なんだろうなぁ、と思わせる見た目や言葉遣い。 きちんとコミュニケーションが取れて、女性への思いやりもあり、自分の欲望だけを優先しない。 一方で中身はド変態。 快楽に忠実でとことんプレイを楽しめる! 相手の欲望を満たしたいし、自分の変態的な妄想も実現したい!と積極的。 そんなさわやかな変態男は痴女にモテます。 「ほとんど女性経験がない」 「アナル童貞だけど開発されたい」 「何時間でも舐め奉仕させてください」 「メスイキ、オトコの潮吹きがしたいです」 このような具体的な内容もアピールポイントになり、会話が弾みます。 いきなり一方的に言うのではなく、聞かれたら答える、相手にも質問する。 痴女はエッチなトークも大好きです。 相手の反応を見ながら会話を広げて楽しみましょう!

3・誘い方・雰囲気づくり

いざデートに誘う時や、実際に会った時。 相手が痴女だからといって最初から下心丸出しで失礼な言動をしたり、雑に扱ったり…そんなことをしては絶対にダメですよ。 逆の立場で考えてみてください。 そんな風にされたら興覚めですよね? というわけで、丁寧に接してください。 ふつうの女性と同じように 「美人ですね」「スタイルいいですね」などと褒められたら嬉しいでしょうし、素敵なお店で食事をご馳走すれば、ベッドの上でも気分よくたっぷりサービスしてくれるでしょう。 相手が痴女でプレイ前提でも、まず食事や飲みに誘うのがベター。 「ホテル直行でいいよ~」と言われた場合は問題ありませんが、ラブホテルでもオシャレで雰囲気のある部屋を選んだり、飲み物や食べ物を持参したりします。好みのお酒や好きな食べ物などを事前にリサーチしておくといいですね。 エッチな話だけではなく、時には、相手をいたわる優しい言葉や、甘い言葉をかける。褒める。 メッセージのやり取りでイジメてもらったり調教してもらったら、嬉しい気持ち、感謝の気持ちをしっかり伝える。 そんな気配りを忘れないでください。 「会ってもいいかな」「また会いたいな」と思ってもらうためにはセックス以外でのアピールも大切です。

4・プレイ時は思いっきり感じて。ただし自己中はNG

「乳首や蟻の門渡り(金玉と肛門の間、会陰部分のこと)、アナルを責められて、女の子みたいに喘いでる姿を見ると興奮しちゃう」 「身体をビクビクさせて感じてる男の人ってかわいい。チンポの先から我慢汁が溢れているのを見ると嬉しいですね」 こんな風に、痴女は男性の感じている姿が大好き! みっともないポーズでおねだりしたり、恥ずかしい言葉を言ったり。 ギンギンのチンポからヨダレを垂らしてアンアン喘ぐ…。そんなM男の姿に痴女も興奮します。 ベッドの上では思いっきり自分を解放して感じまくってくださいね。 でも、何もかも女性まかせで自己中なプレイはNG。 セックスはコミュニケーションです。 どうやって責めてほしいのか、どんな風にされると気持ちいいのかをちゃんと相手に伝えましょう。 それから清潔感は絶対条件です! 当たり前ですが、プレイの前には爪を短くして全身を清潔にしておく。 服装も下着まで清潔感のあるもので。 頭髪、ヒゲ、口臭にもちゃんと気を配ってください。 アナル開発の前には自分で洗浄しておく。 使用したいアダルトグッズ、ローション等は用意しておく。 なども忘れずに。

5・時には痴女を育てるべし!

痴女と出会いたい男性の中には、自分はマグロ状態で希望のプレイをして欲しい!とことん責められたい!と思っている方もいるかも知れません。 でも、そんなにサービス精神旺盛の痴女は少ないです。 ルックスにこだわらないならまだしも、できればキレイな痴女とプレイしたいですよね。 ならば最初はギブの精神で接しましょう。 好みの女性と出会ったら、まずは自分から相手の希望に寄せるのです。 たくさんクンニしてほしいと言われれば何十分でもご奉仕しましょう。 最初はそこまで理想の相手じゃないな…と感じたとしても、 「こんなにキレイな女性に調教していただいて嬉しいです!」 「気持ち良くしていただいてありがとうございました。〇〇さんにもっと開発してほしいです…」 などと、痴女の喜びそうな言葉を積極的に伝えて。 どんな責めやプレイにも喜んで感じてくれるM男には痴女も愛着がわきます。 「かわいいな~、もっと色々イジメてあげたいな♪」と、更にたくさん可愛がってもらえますよ。 貴方の手で理想の痴女を育てることも可能なのです。頑張って!

・まとめ

痴女だからと言って特別なアプローチは必要なし。 貴方が痴女とセックスしたいと願っているならば、礼儀正しく手寧に接しつつ、その願望をアピールすれば大丈夫です! 痴女系の出会いサイトにはエッチな女性がたくさん集まっています。 自分の嗜好に合ったサイトを利用してみてくださいね。

S痴女は普通のSと違う?プレイする時に気をつけておきたい点!

M男向けのDVDや動画などを見ているとS痴女モノの作品はかなりの割合を占めていますよね。これはS痴女がM男に人気がある証拠とも言えます。それだけに、S痴女に調教されてみたいとM男性も少なくないはずです。

でもそこで気になるのが痴女と呼ばれるS女とそうではない普通のS女、一体どこに違いがあるのかという点。 “痴女”とカテゴライズされているからには普通のS女とも何か違いがあるはずです。

という事で今回はS痴女と普通のS女の違いと、S痴女とのプレイで気をつけておきたい事について詳しく解説したいと思います。


S痴女と普通のS女との違いは?

まず、S痴女と普通のS女ではどのような違いがあるのでしょうか。大まかな違いを以下にまとめてみました。


好みのSMプレイが違う

S痴女と普通のS女の最大の違いと言えば、SMプレイの好みです。

普通のS女は、M男が苦痛に喘ぐ姿や屈辱にまみれる状況に追い込むのが大好き。プレイに関してはM男に対していかに痛みや苦しみ、屈辱を与えるか、という点に重きを置いています。
それだけに普通のS女性は鞭責めや熱蝋責め、針責め、金蹴りなど、苦痛を伴うプレイを好む傾向に。中には亀頭切開や玉抜きといった人体改造プレイ系のハード調教を嗜むS女も少なくありません。
その他、屈服の象徴として緊縛で体の自由を奪ったり、射精管理で男の尊厳を奪ったり、アナルを開発して男でありながら女性のようによがってしまう屈辱を味わわせたりといったプレイを好むS女性もたくさんいます。

一方、S痴女はM男を快楽に引きずり込むのが大好き。プレイに関してはM男に対して自分の手でいかに気持ちよくさせられるか、という点に重きを置いています。
そんなS痴女が好むSMプレイは焦らし責めや乳首責め、淫語責めなどM男の性感に直結するプレイです。
その他にも男の潮吹きを促す亀頭責めやドライオーガズムに導くためのアナルプレイ、感度アップのための拘束目隠しプレイなども痴女S女は好んで行います。

緊縛拘束やアナル責めなど普通のS女とS痴女とで好みが共通するプレイもありますが、前者はあくまでも惨めさや情けなさといった屈辱、精神的苦痛を与えるために行い、後者は性感を究めるために行うというもので、根本的に目的が違います。


セックスの重要度が違う

S痴女と普通のS女の間にはセックスに対する考え方にも相違があります。

S痴女の場合、SMプレイはセックスの前戯という考え方で最終的には挿入まで楽しむ事がほとんど。これはS痴女自身も性的快感を得たい、共有したいという考えからと言えるでしょう。

しかし普通のS女の場合、SMプレイはSMプレイであり、セックスとは別で考えている女性が大多数です。というのも普通のS女はM男を虐げる事で性的興奮を覚えるため、セックスはさほど重要ではありません。そして何より、M男をセックスという方法で喜ばせたくない、という気持ちもあります。
また、M男とセックスする事は自分がM男と同レベルの存在に成り下がっていると考えるS女も少なくありません。 そのためセックスは嫌いじゃないけれど、M男とはしないというS女も決して珍しくはないのです。


プレイでの服装が違う

続いての違いはプレイでの服装。
SMプレイでのS女の服装というとどんな格好を思い浮かべるでしょうか?
大抵は黒や赤のエナメルボンデージにピンヒールやブーツ、といったいわゆるボンデージファッションを想像するかと思います。

普通のS女はまさにこういった格好をしている事がほとんど。個人的なSM調教となる場合は普段着のようなファッションで行う事も珍しくありませんが、どちらにしてもいえるのがM男の前では裸にならないという事です。
S女向けのボンデージファッションの中には露出度の高いデザインのものもありますが、胸や股まで露出しているものはほぼありません。
それはM男ごときにセクシャルな部位は見せたくないという思いの表れとも言えるでしょう。

それに対してS痴女の場合、普通のS女が好むようなボンデージファッションに身を包む事はあまりありません。SM倶楽部の痴女プレイを行うS嬢ならボンデージを着ている事もありますが、個人的な間柄においては普段着、もしくは下着姿が基本です。
個人的な間柄では普段着という点に関しては普通のS女と共通していると言えそうですが、決定的に違うのはS痴女は最終的に裸になる事が一般的。中にはSMプレイが始まった時点で全裸というS痴女も。
これはやはり、S痴女におけるSMプレイの定義がセックスの前戯と捉えられているからに他ならないと言えるでしょう。


M男との理想の関係性が違う

最後の相違はM男との理想的な関係性に対する考えです。

普通のS女はM男とは主人と奴隷のような絶対的な主従関係を理想としています。あるいは飼い主と家畜・ペットという人間とすら思わない関係性を望むS女もいます。
だからこそSMプレイに苦痛や屈辱を求めたり、M男とのセックスは考えられなかったり、M男の前で裸になるなんてもってのほか、という考えが成り立つのかもしれません。

しかしS痴女はM男と都合のいいセフレや恋人のような関係性で付き合いたいと考えている人が多数。ただし、その条件として自分主体でSMプレイやセックスが出来る事、という人がほとんどのようです。まあS痴女というからには当然と言えば当然でしょうか。

このようにS痴女はほぼ対等な関係性を望み、普通のS女は女尊男卑的な関係性を望むという違いがあります。


S痴女とのプレイで気をつけるべき事

S痴女と普通のS女との違いで何となくS痴女の生態が見えてきたのではないでしょうか。

続いてはS痴女とのプレイで気をつけるべき事について詳しくまとめたので紹介させていただきます。

清潔感を心がける

普通のS女の場合、M男には惨めで情けない生き物であって欲しいのであえて汚らしい格好をさせたり体を洗わないような命令を出したりする人も少なくありません。
しかしS痴女はM男に惨めさや情けなさを味わわせたいわけではありません。むしろ、対等な関係としてセックスまで見据えた間柄を求めているだけに、不潔な男では絶対NG。

とはいえ何か特別な事をしなければならないというわけではなく、

・会う際にはシワやヨレのない清潔感のある服を着る
・清潔感のある髪型を心がける
・会う日の前日の夜、もしくは当日には風呂やシャワーを浴び髪や体を洗う
・特にチンコは念入りに洗う


という点に気をつけておけば問題ないでしょう。いずれもS痴女の限らず女性と付き合う上で最低限求められるマナーなので、普段から当たり前のように心がけていられるとベストですね。

あとはもしS痴女とのSMでアナルプレイを行う場合、自分でアナル洗浄出来るようにしておくとさらに好感度アップする事間違いナシ。

また、爪も短く切って整えておくとより清潔感ある男性を演出する事が出来ます。


過激なプレイを求めない

上でもお話した通り、S痴女はM男を快楽へ導くようなSMプレイが好きなので、苦痛を伴うようなハードプレイはあまり好まないものです。
それだけにS痴女とはいえS女なんだからと過激なプレイを求めるのはオススメしません。

過激なハードプレイを求めた時点で、貴方とは性的嗜好が合わないと敬遠される場合がほとんどでしょう。
それでもサービス精神旺盛なS痴女ならリクエストに応えてくれるかもしれませんが過激なプレイは経験や知識も必要。経験不足で不得手な人が行うと思わぬトラブルにもなりかねません。
いずれにしてもS痴女にハードプレイをリクエストしても良い結果になる事はないので、素直に普通のS女にお願いした方が無難です。

とはいえ、どこまでならリクエストしていいものか悩みますよね。
その基準は、安全でなおかつ清潔に楽しめるものというところにあると考えましょう。

・拘束具や日用品を使った緊縛拘束
・軽いスパンキング
・屋外での痴女プレイ
・浴室での聖水プレイ


縄を使った本格的な緊縛は時に危険も伴いますが、専用の拘束具やネクタイ、タオルなど日用品を使った緊縛拘束であれば比較的安全に楽しむ事ができます。
また、本来なら苦痛プレイに分類されるスパンキングも平手やスリッパなどで数発、という感じなら快楽のスパイスにもなるでしょう。
屋外の痴女プレイもズボンの上からさりげなく股間を触ってもらうなど、着衣のまま行うのであればむしろS痴女にとっても興奮モノのプレイとなるはずです。
スカトロだって衛生的に受け入れられないというS痴女は多いものの、聖水のみでなおかつすぐに洗い流せる浴室ならOKという人は少なくありません。

もちろんS痴女によっては上記のプレイもNGという人はいるかもしれないですが、大半のS痴女はこの程度であれば喜んでリクエストに応えてくれる範疇だと思います。

あとは、先に書いたS痴女が好む傾向にあるSMプレイも併せて楽しめるといいですね。


かしこまりすぎない

普通のS女は絶対服従を理想とするので、M男には敬語を使ってもらいたいものですし、もし油断してタメ口になったりすると、お仕置きを受ける場合だってあります。

ですがS痴女はどちらかというと対等な関係で付き合いたいタイプが多いので、かしこまりすぎると距離を感じてしまう事も。

それだけにS痴女と接する時は極力フランクな口調を意識するといいでしょう。
ただ、いきなりタメ口というのも馴れ馴れしいと感じられてしまうので、最初は敬語で話をしつつ、徐々にタメ口を織り交ぜていくようなコミュニケーションがベストです。


プレイに対して指図しない

S痴女とのプレイの最中、ついつい気持ちが先走って「フェラして」とか「もう入れていい?」とか言ってしまいたくなるかもしれません。

でもプレイ中に指図する事はS痴女が最も嫌う行為。S痴女はM男を快楽へ導く事に楽しみを見出していますが、だからといってプレイ中にあれこれ指図されたいわけではありません。M男の指示に黙って従うではそれはもうS痴女ではなくM女であり、S痴女は自分をM女のように扱うM男に嫌悪を感じてしまうのです。

S痴女としてはあくまで主導権は自分にあり、自分のしたいと思った事をする中でM男を絶頂に上り詰めさせる事に快感を得る、という事を覚えておきましょう。

とはいえ、事前にプレイのリクエストをするのは問題ありません。その時点で気分が乗らなければ断られる事もありますが、リクエスト=指図と考えるS痴女はほぼいないでしょう。

また、プレイ中に「もうダメ…早くイキたい」という懇願であれば指図だと感じられる事はありません。もちろんその懇願に応えてもらえるかどうかはS痴女次第ですが、切実な表情と声での懇願はむしろS痴女を喜ばせるポイントに。
それだけに指図と懇願の違いをわきまえながら、基本的にはS痴女のなすがままにされるのが正しいプレイの受け入れ方と言えそうです。


普段は下ネタを言わないクールな男を演出する

ギャップ萌えという言葉があるように、異性のギャップに惹かれる人はたくさんいます。
M男だって一見清楚そうな女性がプレイになると、ものすごくエロティックな雰囲気に変貌するとより興奮度が増しませんか?

それと同じで女性も男性のギャップにドキドキする人は多く、特にS痴女においてはそれが顕著な傾向にあります。 そんなS痴女に特に人気が高いのが普段はクールで真面目そう、あるいは奥手そうな男性です。
自分からは下ネタは言わない、誰かに下ネタを振られると顔を赤くして照れてしまうような男性は大好物。 クールで奥手そうな男性を痴女プレイでリードしてスケベな部分を引きずり出す事で達成感が得られるのかもしれません。また、普段は決して見せないスケベな顔を自分だけが知っているという独占欲を満たせるというのも、このような類の男性が好まれる理由と言えるでしょう。

S痴女はエロいから自分もエロい男をアピールして気を惹こうという考えは逆効果なので、もしこういう接し方をしていたなら今すぐやめた方が得策。
S痴女の前ではクールで真面目、奥手そうな男性を演出しましょう。そしてプレイが始まったところで徐々に自分のエロい部分を解放していきましょう。


プレイ以外の時間も楽しめるように心がける

S痴女は服従関係より比較的対等な関係を望んでいるので、プレイ以外の時間は恋人のような付き合いができるのが理想。

それだけにSMプレイ以外の趣味も共有できる関係性が築けるとS痴女にもより喜んでもらえますし、長く関係を続けられる可能性が高いのでwin-winに。

S痴女と知り合いになった際にはSMプレイの話だけでなく趣味など共通の話題が見つけられるといいですね。


好みのS痴女との性感タイムを満喫しよう!

S痴女と普通のS女との違いや、S痴女とプレイをする上で気をつけるべき事についてお伝えしました。

S痴女と普通のS女、どちらの方が好みだったでしょうか。
痛い苦しいプレイよりもエッチで気持ちいい事をされたい方は断然S痴女がオススメ!

自分好みのS痴女を探して性感タイムを満喫してみてはいかがでしょうか。

痴女と出会いたい人向け!こういう場所なら痴女と出会える確率UP!!

痴女と出会いたい人向け!こういう場所なら痴女と出会える確率UP!!

「女性と出会いたい!」

男性なら常に持ってるこの気持ち。
出会えてますか?

どこかに出かける度にいいなぁと思う女性を見かけるもそれで終わり、帰ってシコるだけという日々が続いているのではないでしょうか。
飲み会や友達繋がりなどで運よく出会えたとしても世の中に多いのはやはりMな女性。
Sな女性って確率的になかなか出会いにくいですよね。

自分の性癖がMだった場合はパートナー探しにも苦労します。
いざプレイになっても自分も相手もMだった場合どちらも不完全燃焼で終わってしまいます。

ということでやっぱガンガン責めまくってくれるSな痴女と出会いたい!!
Sな女性と出会える場所ってどこ?

そんな第一希望で突っ走ってみたいと思います。


ピンポイントでS痴女と出会えるSM系風俗店

手っ取り早くS痴女と出会うためならそれを出会いと呼ぶかどうかはさておいてSM系の風俗店!
しかしお金を払って会うといってもそれもまた接点。
興味本位が常連になり、常連が恋人になり、、といった流れもあり得ないわけではありません。

お店で出会った女性を本気でゲットしようと思うのであれば、女性も基本的には対応には慣れているはずなのでそこをどう乗り越えるのかが重要になります。
他にも目当ての女性に自分の顔と名前をちゃんと覚えてもらう必要があります。
なので一回や二回の来店では厳しく、ある程度の期間その女性を指名し続けお店に通わないと難しいでしょう。
風俗嬢をゲットするのにはそれなりのお金が必要です。

出会いのポイント

お店の女性をゲットするのはなかなか難しいです。
それでも頑張るなら本気で恋愛感情を持ってしまって風俗嬢に言い寄る男性はそれなりに多いので、自分は「そんな奴らとは違う」ということをいかにアピールすることが大事。

それは具体的にはちゃんと一人の女性として見てあげること。
「この子と仲良くなれればいつでもヤリたい放題だぜグヘヘヘ・・」という下心丸見えではいけません。
そのためにはプレイだけではなくty何と会話の時間を作ることが大切。
思い切ってプレイをしないというのも自分の印象付けのために時にはありかもしれません。
風俗嬢とプライベートでも仲良くなるには人間としての信頼関係を築くこと!これがいちばん大事になります。


肉食女性が多いクラブイベント

クラブイベントは遊びたい女性がいっぱい!
特に人が集まる週末、土曜の夜となればクラブによってはそこは紳士淑女の社交場へと変わります。
しかも遊ぶ気満々で訪れているのでファッション的にもエロい女性が多い!
クラブは目立ってなんぼの場所でもあるので「セックスしたい!」って言ってるような露出度高めの派手系女子が多いのも特徴です。

性格は服に出る!ということで見た目イケイケのエロい女性はだいたい本当にエロいです。
偏見かもしれませんが個人的な経験からしてかなり当たっているような気がします。
そしてそういう子はセックスに積極的な肉食系が多いです。
ちょっとぐらいの下ネタにも動じないしむしろ喜んでくれたりさえします。
痴女かどうかを見極めるためには下ネタへの対応力を見ることも大切です。
もちろんノリノリの女性のほうが痴女率高!

リアルで素人痴女をゲットするならクラブイベントはかなりおすすめです!

出会いのポイント

まずそのクラブが音楽をメインで楽しむ層が多い音箱か、出会いを楽しむ層が多いナンパ箱か調べることが重要です。
この辺はクラブ情報をネットで検索すればだいたいどんなタイプのクラブなのかわかるでしょう。
注意点としては音箱ではナンパはウザがられ、ナンパ箱ではどっちもOKといいた雰囲気が少しあることと、狙った女性に連れの男性や彼氏がいないかしっかり確認することです。
とくに後者はトラブルの元にもなりかねないのでしっかり見極めましょう!
見極めたら最初の話すきっかけ作りのためにワンドリンクおごるのもおすすめのやり方です。


時間を持て余した女性が多いバー

バーもセックス大好きな肉食系女子が集まる場所!
お酒も入るのでプライベートなことや本当の性格などもわかりやすく距離を縮めやすいのもバーのいいところ。
初めて会ったけど気が合ってそのまま、、なんてこともバーでの出会いならよくある話です。

そして1人で訪れる女性も意外に多いのがバー。
バーに訪れる女性はそれなりに時間があって、ゆっくりお酒やトークを楽しみたいという人。
なのでその場のノリだけのナンパとは違ってゆっくりお互いを知ることができます。
恋愛トークや軽い下ネタなどでエロい流れに持っていけるかどうかはあなた次第!
お金もそれほどかからないし、お酒が全然飲めない!ということでない限りバーでの出会い探しはおすすめです。

出会いのポイント

とりあえず大事なのは飲み過ぎないということ!
ベロベロで女性に絡むなんて論外です。
あとはカウンター席に座るということ。
1人で来る女性はほぼ間違いなくカウンター席に座るので、話を振ったり話に参加したりチャンスを掴みやすくなります。
特にめぼしい女性がいない時でもバーテンの人と会話もできるので間も持ちます。


「遊び」友達が欲しい女性に出会える街コン

出会いを求めるたくさんの男性女性が集まる街コン。
ガチで結婚を視野に入れた相手を探しにくる女性もいればノリと好奇心だけで参加してる女性もいます。
狙うのはもちろん後者のノリだけで参加している女性の方。
セックス好きな痴女は「遊び相手を探しに来ただけ」側にいます。
ガツガツと出会いを求めてくる女性はガチなので簡単に身体を許してくれない場合が多いので痴女を探している場合はおすすめできません。

街コンのいいところは一回でたくさんの女性と出会えること。
トークスキルは高いに越したことはありませんが、異性を求めて参加してくるわけなので多少トークが苦手でもOK!
しかし参加者が数百人などの大規模な街コンの場合は人数が多すぎて1人とゆっくり話す時間が取れない場合があるのはマイナスですね。

出会いのポイント

街コンで出会うためには過去に行われたその街コンの雰囲気などをネットで調べて自分に合ったイベントを探すことが重要です。
男女比などのデータも分かる範囲でなるべくチェックしておきましょう。
イベントによっては趣味などのテーマが決まっているのもあるので自分に参加しやすそうな街コンがあれば出会い率も上がるかもしれません。
街コンは出会いのあるイベントではありますが、特にS女性が多いというデータもないのでS痴女というターゲット限定になると運が必要になると思います!


オンラインゲームにも出会いはある!

意外なところでリアルの場所ではありませんがスマホやPCなどのオンラインゲームでの出会いというのもあります。
これがまたやってみると出会いだらけだったりするんです。

ソーシャルゲームはフレンド機能やチャット機能、チームやギルドといった機能がほとんどのゲームで付いています。
そのためゲーム内での交流を通してリアルでも連絡を取り合うようになるぐらい仲良くなることが時々あったりします。
それに一度ハマれば毎日のように顔を合わせることだって普通です。
ゲーム内ということで相手の本当の顔がわからないだけで、プレイしているのは全国のどこかにいるリアルな人間なんです。
そしてゲームはプレイスタイルに性格がかなり出るのでSな人やMな人がわかりやすい!
実際にゲーム内で出会った男女が付き合ったり結婚したりするパターンもあります。

とりあえず問題はどのゲームにしても比率的に男の割合が圧倒的に高いということ。
と、実際の性別を知るにはチャットなどでのプライベートな会話が必要だということでしょうか。
確率は低いかもしれませんがオンラインのゲームも出会いの場の一つであるという意識を持つことで可能性を広げることができます!

出会いのポイント

その人が男性か女性か?どこに住んでいるのか?などのプライベートな情報をいきなり知ることは不可能です。
ある程度ちゃんとゲームをやっていて、フレンドがいて、しかもよく顔を合わせる相手というのが最低限の条件になるでしょう。
そういう相手がいればプライベートメッセージを送ってみてもいいかもしれません。
でもやっぱり大概は男ですが(笑)


まとめ

痴女と出会えそうなスポット紹介いかがだったでしょうか。

出会えるかどうかは運にもかなり左右されるので一回だけではうまくいかない場合もあります。
しかし普通の場所よりは確実にS女性の確率が高いスポットばかりなので何回も訪れていれば出会えるかもしれません!

どんな場所で出会うにしても出会いは第一印象がかなり大事。
なので、おしゃれに自信がなくても清潔感だけは最低限キープしておきましょう!

メスイキさせられたいM男必見の痴女に使って欲しいオススメアダルトグッズ

メスイキさせられたいM男必見の痴女に使って欲しいオススメ道具

皆さんご存じの通り、男性が快楽を得る手段はチンポのみならず乳首、アナルと多岐に渡ります。
今でこそ広く知られている事実ですが、一昔前までは知る人ぞ知る知識でした。
そんな限られていた知識や快感を今や存分に享受出来る…これ程幸せな事ってありますか?

さて、射精を伴わない絶頂の事を「メスイキ」と言いますが、どうやったらメスイキ出来るかご存じですか?
地道に指でアナルを開発とか、前立腺を…とか、そういう考えが思い浮かんだ貴方、ちょっと待って下さい。
せっかく開発する時間が取れるのに、指だけで開発しようとするなんて、新幹線の距離を徒歩で行こうとするようなものです。
開発をより効率的に進めるためには、アダルトグッズの存在が必要不可欠です。

でも、アダルトグッズと言っても多岐に渡りますから、どれから手を出して良いのか分からなくなりがちですよね。
そこで今回は、オススメのアダルトグッズを数種類ピックアップしてみました。
知っているものから、名前を初めて聞くようなものまで様々ではないでしょうか?
さぁ、めくるめくアダルトグッズの世界に飛び込んでみましょう!

①乳首吸引器、指豆ローター


乳首開発初心者でも扱いやすいのが、この乳首吸引器と指豆ローターです。
いきなり乳首に強い刺激を与えるのが怖い、という方はまず、乳首吸引器で乳首を優しく吸い出す事で、少しずつ刺激に慣れて行きましょう。
手動のポンプ式の物から、ダイヤル式で強めに吸いだす物まで種類も様々。
乳首の開発状況によって感じ方は異なって来ますが、真空状態にして乳首を吸いだす事によりお手軽に快感を得る事が出来るので入門として強くオススメ出来ます♪

併せて指豆ローターも使用すると良いでしょう。
乳首吸引器によって引き出され感度の上がった乳首にローターをあてがうと、体が浮いてしまう程の快感を得る事が出来ます。
とは言っても、全くの初心者の場合最初はあまり感じないかもしれません。
しかし、毎日続けて行く事で徐々に、そして確実に感度は上昇して行くんです。

私が開発・調教したM男で、30代にして自分の乳首を一度も弄った事が無い男性が居ましたが…指導の下、毎日コツコツ乳首を弄らせていると、最初は全く感じなかったのがくすぐったさを感じるようになり。
やがて、指豆ローターでむずがゆい気持ち良さを感じ…物足りなくなって、クリトリスに使うような大き目のローターを購入し、ガムテで乳首に貼り付け、メスイキしまくるまでに進化しました。
期間はどのくらい掛かったかというと、おおよそ一か月程です。

今まで触った事のない部位でここまで敏感になり、一か月でここまで感じる事が出来るようになったというのは、凄いと思いませんか?

初心者の内はともかく感じなくて心が折れがちですが、そこで諦めないで粘り強く開発を続けて行く事でメスイキへの道のりが拓けるんです。

②ニップルクリップ


乳首開発からのメスイキを目指すにあたって欠かせないのがニップルクリップ。
上級者から初心者まで幅広く支持され、汎用性も高くコスパも良いという憎いヤツです。
いきなりローターや吸引器は抵抗があるな、という方にもオススメですよ。
見た目もかなりやらしく、感度によってクリップの先端に錘を付けたり、鈴を付けたりして楽しめます。

吸引器やローターはどうしても商業色が強くてイマイチ没頭出来ない…というこだわりを持ったM男が居たんですけど、そういった男性にも取っつきやすいです。
普段見る洗濯ばさみと見た目が似ているせいか、「日常で使うような物でこんなに感じてしまっている」と、気分を煽る事が出来る ようです。

また、チェーンで両乳首のクリップが繋がっている物もありますから、どちらかの乳首のクリップを引っ張るともう片方のクリップも引っ張られます。
犬の首輪を引いて散歩するように、両乳首のクリップをきつく固定して、チェーンを引いてお散歩してあげるのも楽しく開発出来て素敵ですよ。

前述した乳首吸引器や指豆ローターでビンビンになった後の乳首に、クリップを付けてキリキリ締め付ける、という事も出来ます。
ここまでは乳首のみに重点を置いて紹介しましたけど、乳首だけではなくて後述するアナルバイブ、エネマグラと併せると一層開発が進みますし、快感を得る事が出来ます。

もしアナルの開発がどうしても嫌、とかでなければ、アナルの開発と平行して行うとよりスムーズですよ。

③アナルバイブ


いよいよアナルの開発についてです。
アナルの中にある前立腺を刺激し、メスイキ出来るようにするのが最終目標です。
ある程度経験のある方ならいきなりアナルバイブを挿れても良いんですけど、そうでないのならば最初は指でアナルをほぐすところから始めましょう。切れ痔になってしまっては大変ですからね。

アナルバイブの大きさも様々で、初心者向けの細いものから玄人向けの太い物まで様々です。
オススメは、曲がりのあるもの、またバイブの先端に振動機能のついている物です。
初心者が曲がりのないものを使ってしまうと、下手に動かした時に腸壁を傷付けてしまいがちなので。

また、強さについては細かく強弱の付けやすい物を選ぶことをオススメします。
最初は弱い刺激から慣れて行き、開発の段階に合わせて徐々にパワーを強めて行く事を強く推奨します。
最初から強い刺激に慣れてしまうと、並みの刺激では満足出来なくなり、もっと強い刺激を…と求め過ぎた結果、事故に繋がる可能性があるためです。

昔開発していたM男で、アナルバイブ中毒になってしまって何本もアナルにバイブを入れたがる男性が居たんですけど…。
最大でも2本まで、と強く言い聞かせていたのに、ある日衝動に抗えず無理矢理3本入れてしまったようで。
気持ちよくメスイキ出来たものの、やはり無理矢理でしたからアナルが避けたり、当分アナニー出来なくなったりと散々だったようです。

アナルバイブから与えられる凄まじい快感に虜になっても、そこは自重をして。
無理せず、少しずつ開発していく事が要といえます。
開発してメスイキ出来るようになった後でも、同じことが言えます。
快楽を追い求めるのは簡単なんですけど、いかに自分の体を大事にしながら開発していくかっていうのが何気にキモだったりします。

④エネマグラ


エネマグラとバイブの違いですが、バイブは前立腺以外の部分も幅広く刺激出来るのに対して、エネマグラは前立腺への刺激に重点を置いた器具って言えます。
T字型になっているので、どれだけ深く入れても中に入って取り出せない…なんて事にもなりません。
バイブと同様、太いものもあれば細いものもあり、電動のものもあればそうでないものも。
最初はシンプルな、細いものからトライしてみると良いでしょう。
色々使っていく内に自分の前立腺の位置もおおよそ把握出来ますから、そこから自分に合ったエネマグラを探すのがオススメ。

また挿入時は、座り姿勢より横向きに寝転がる姿勢で入れた方がよりスムーズです。
そこですぐ動かすのではなく、数分じっとしてエネマグラをアナルに馴染ませましょう。

違和感が無くなったら、アナルに力を入れたり緩めたりしてみましょう。
そうしていく内にじわじわとむずがゆい感覚が這い上がって来たならば、やり方としては合っています。
アナルの動きに合わせて乳首を引っ掻いたり、つねったりしながらより快感を追及して行きましょう。
こうして他の性感帯と合わせて刺激することで、メスイキしやすくなったりします。

でも、くれぐれもチンポを刺激しないように気を付けて下さい。
あくまで目的はメスイキですので、チンポへの刺激に頼ってしまうと本末転倒になってしまいます。

⑤スポールバン


これは番外編となりますが、アダルトグッズというよりは薬局で普通に購入出来るものですので番外編としました。
スポールバン、通称スポバンです。
一日に4時間~7時間程度スポバンを乳首に貼り付けて、乳首に継続的に刺激を与えます。
この状態を毎日続けていると、乳首の感度が徐々に上がって来るんです。
言うまでもないのですが、これまで挙げたアダルトグッズと併用するとより乳首やアナルへのアプローチが進みますから、針に対する抵抗がなければイチオシの品となります。

ちなみに、あまりに長く貼り続けてしまうと皮膚への負担がかかりますので、どんなに長くても1日12時間以内にしておいた方が賢明です。

⑥おわりに


今回はメスイキをメインとしたアダルトグッズの紹介をさせて頂きました♪
様々なアダルトグッズがありますから、解説やレビューを良く読んで購入してみると良いですよ。
また、アダルトグッズを使う前の肩慣らしとして、日用品で慣らすのもアリです。
スポンジの荒い面で乳首をこすってみるとか、輪ゴムで弾くとか、歯ブラシで刺激を与えたり。
アナルに指のみならず、ボールペンを挿入してみたり。
ただしこれらはあくまで「肩慣らし」であって、きちんとメスイキしたいのであればアダルトグッズはやっぱり不可欠だな~というのが、M男を開発しまくってきた私の見解です。

以前、メスイキ希望のM男2人を開発した事があります。
各々に肩慣らしとして日用品で弄って貰って、その後様子を見て、各々にアダルトグッズを渡して、日々使うように指示しました。
片やきちんと毎日アダルトグッズを使い、もう片方は…残念ですけど、中々会えない時期だったのを良い事に、アダルトグッズの使用をサボって、日用品メインで開発をしてました。
私は、二人の感度を見極めた上でプランを提案してたのに。

それでどうなったかと言うと、三か月後には片やメスイキ達成。
もう片方、日用品メインで開発してた方はメスイキ出来ず。
メスイキした方のM男は、そこから自分で様々な種類のエネマグラやバイブを揃えて、充実したメスイキライフを満喫してます。
メスイキ出来なかった方は、そこから更に一年かけてかろうじてメスイキ出来るようになりましたけど…
日用品の刺激ばかりに慣れてしまったので、余計な時間がかかってしまいましたね。

メスイキを目指すなら、ある程度知識のある人の下、管理して貰って指示を正しく守る事が大前提です。
皆さんは気をつけましょうね♪

イってもイっても止めてもらえない!気持ちよすぎて病みつきになる強制連続射精と射精管理

射精管理とは?

誰しもが一度は聞いた事がある射精管理。実際に経験した事ある人も経験した事無い人も一度は耳にした事があると思います。実際、AVの世界でも普通に行われているプレイの1つで、簡単に言えば【連続射精】【射精寸止め】この2つが組み合わさって射精管理と言われている事が多いです。

強制射精について


強制射精…とにかく男性側の意思とは関係なくただひたすらに射精を求められる事。射精が終わっても休憩無しに連続して射精を強要される事もちらほら。男性は一度射精をすると性欲が減衰すると言いますが、減衰する前に更なる快楽を与えると前の時以上に感じる事も多いです。その時には男性なのに射精ではなく潮を吹いてしまう事も。

射精寸止めについて


強制射精とは逆で、射精する寸前で快楽を強制的に止められるプレイが射精寸止め。男性にとって一番快楽のピークを迎える…直前で快楽を止められる。それがどれだけ苦痛かは想像できますね?
一度ならまだしも、それが何度も何度も続く事で精神的に狂ってしまう男性もいるみたいですが、その寸止めされる事が快楽になる人がなんと9割もいるから不思議ですよね。

風俗でも経験できる?


この記事を読んでいる方も実際に風俗で強制射精や射精管理を経験した人も多いんじゃないでしょうか?実際、風俗のオプションなんかでもあるプレイで、ただ手コキやフェラを止められたりするだけで楽しめるプレイです。
ただし、中には1回射精したらそれでおしまいというお店もあるみたいなので、そういうお店の場合は大抵はオプションで射精無制限というのもあるみたいなのでそちらも合わせて利用するのがオススメです。

射精管理を経験するには


この記事を読んで射精管理や強制射精に興味が湧いた人も多いんじゃないでしょうか?じゃあどうすれば「そういった経験ができるの?」と疑問に思ってる方も多いですよね。
普通の女性相手にはなかなかお願いできないので、必然的に痴女やギャル、S女性にお願いする事になります。となるとそういった女性と知り合う・出会う場はどこ?という事にもなりますね。
結論から言えばナンパすれば早いのですが、それができないなら「風俗に行く」「出会い系サイトで探す」この2択が一番ベターだと思います。下記にオススメサイトのリンクも載っていますので、興味があれば是非利用してみて下さい。


▼オススメ記事
どうやったら女王様に出会えるの?M男がS女を探す為の5つの方法
1 / 7912345...最後 »

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る