痴女プレイに興味があるM男性へ~痴女出会いサイトの紹介

痴女プレイ出会いサイト

「痴女プレイって気持ち良さそー!」
「痴女さんにイジメられてみたい」 「でも、痴女ってどこにいるの?」

というアナタ痴女さんと出会える専用のSNSコミュニティへどうぞ!
いろいろなSNSを分析してみましたので、ぜひご参照ください。

■痴女さんと出会えるSNSコミュニティの紹介ページ

痴女出会いサイト分析

■サイトの利用方法・痴女さんと出会うまでの流れはコチラ

痴女との出会い攻略法

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女プレイ体験談

圧迫プレイが好きなM男は意外に多い

ペニバン

M男が好きなプレイとして射精管理、アナルプレイ、赤ちゃんプレイなど聞いたことがあるメジャーなものがいろいろあります。それと同じように圧迫プレイが好きな人も意外と多いのです。
なんだ?その圧迫プレイってのは?と思う人もいるかもしれません。
まぁ、その名の通り圧迫されて感じてしまう変態プレイです。

これは赤ちゃんや小さい子が毛布にくるまれると安心するのと同じように、何かに包まれるとどこか安心し、それがいつの間にか性的興奮する材料になっていったのです。
フェチ性が高いプレイで、圧迫されるものにすごいこだわりや執着を持っています。

女性のおっぱいやお尻に潰されたい。これは多くの男性が好きなもののひとつかもしれませんが、変態度が上がっていくと「なぜそれで興奮する?」というものを好みます。

ラップでぐるぐる巻きにされる、圧縮袋の中に入って密閉される、全身ラバースーツで口と鼻意外包まれる、包帯や布で顔面グルグル巻きにする…。。。
ギュッと圧迫されて尚且つ呼吸管理される。
この全身を隈なく管理されることに幸せを感じてしまうのです。

肌に張り付く感触。肌呼吸ができず息苦しさや窮屈さを感じ、口や鼻を女王様に抑えられれば完全に呼吸が出来ない。
苦しみの中で自分の感覚が研ぎ澄まされ敏感に・鋭くなっていく。
目を閉じれば、その研ぎ澄まされた状態で自分を見つめ直す時間がやってくる。

研ぎ澄まされた感覚は外からの刺激をいつも以上に敏感にキャッチし性的興奮に繋がる。
窮屈な中に安心や気持ちよさを感じ、今ここでしかないこの瞬間を楽しむ。

実際に圧迫した状態で乳首や性器など性感帯となる部分に触ると非常に気持ちが良い。
身体は緊張しているのだが気分はリラックスしていて、丁度いい状態で気持ちがいい興奮を受けるのです。

その刺激がどうにも止められず、オナニーをする感覚と同じように定期的に快楽を求めてしまう。

圧迫プレイは、そこに“好きなもの”でなければ全く意味がなく絶頂にたどり着けない。
ラバーが好きなのにラップでぐるぐる巻きにされても全然気持ち良くないのです。

包まれる気持ちよさ、呼吸管理による若干脅かされる命の危機、研ぎ澄まされる感覚。
これが病みつきとなって好きになってしまうM男が後を絶たないのです。

興味がないあなたも、もしかしたらハマってしまうかもしれません。
圧迫プレイや呼吸管理をしてくれる女王様に一度調教されてみてはいかがでしょうか。

SMパートナーとの出会いはどこで探す?

メール調教

SMパートナーとの出会いは、ネットだけでなくてもハプニングバーやSMクラブなど、最初からディープな所を攻めるのも手だ。
最初の投資は高く付くが、一度知り合えたら濃厚な関係を結ぶことが出来る。

ただ、よりカジュアルに、気軽に出会おうとしたらネット掲示板やSNSは欠かせないだろう。
むしろそういったカジュアルに出会いたいSMユーザーが多く、ネットで出会おうとする需要が高い分、サクラサイトや詐欺サイトが多く溢れているのも現状。

特に無料を謳ったSM掲示板では、男性ユーザーは本物の人間が書き込みして全うに利用しているケースが多いのですが、女性ユーザーは業者のなりすましやID回収、サクラや冷やかしなど嫌がらせが横行している。

やはりまともな出会いを探すなら、老舗の大手出会い系アプリでお金をかけて同じ趣向のユーザーと出会うのが賢明と考えがち。
ただ業者やサクラの存在は必ずいるものと割り切って考えれば、無料のSM掲示板でも出会える可能性は十分にある。

結局の所、男も女も考えるの、無料に越したことは無いという事で、無料のSM掲示板にはサクラや業者以外にも女性ユーザーはいるという事だ。
大事なのは、そういった連中を見分けるスキルであり、できた話や良い条件、可愛すぎる写真や展開の速さに気を付ければ、だれが人間で誰が偽物なすぐに分かるだろう。

イメクラ嬢とイメプ体験して最高だったM男向けシチュエーション

最近ではネットの掲示板やTwitterなどのSNSでも、プレイする場面が増えて世間にも浸透してきたイメージプレイ。
それでも一番の醍醐味は電子上ではなく実際にイメプをする相手が居てこそだと思います。
単純なコスプレとは違って、世界観までもパートナーと一緒に作り上げていく事が最高に楽しめる要因になっています。
今回はイメクラで働くプロの嬢と楽しんだ、M男が最高に興奮するシチュエーションをピックアップ。
オススメの役割とストーリーを紹介していきましょう。

教師と生徒

やはり王道は教師と生徒です。
教師の他にも、スイミングスクールの先生だったり書道の先生だったりと意外に幅は広く、教える立場と教わる立場が分かれている事が前提ですね。
このシチュエーションを楽しむうえで重要なキーワードは「おしおき」。
覚えの悪いダメな生徒に対して女教師から叱られ、体罰を受けるところがM男が楽しめるポイントです。
定番の設定ですが、やはり分かりやすく世界観にも入り込みやすいので初心者にもオススメですね。
生意気JKから虐められる新人男性教師なんかの設定もいいんじゃないですか。

電車内での痴漢

質の高い所では、電車の車内を再現したセットがある強豪店もある。
ここで紹介は出来ませんがぜひ探してみてください。
楽しかったプレイとしては最初から痴女に車内で痴漢されるというシチュエーション。
逆に、置換した女が痴女で攻守逆転して犯されてしまったなんて展開も燃えました。
もちろんイメクラ嬢には女子高生コスチュームをしてもらい、M男がさえないリーマン風で決まりでしょ。

CAと乗客

キャビンアテンダントというのは今も昔も変わらずワンランク上の女性という印象が強く、そんな高レベルな女に良いようにされるなんてM男でなくてもあこがれるシチュエーションです。
特にキャリーバックは重要なアイテム。
飛行機内のセットが無くてもフライト後に誘われてホテルにフライトという設定がアツく、デカいキャリーバックを引きながら一緒にホテルに入る体験は一度味わってみて欲しい。

上司と部下

教師と生徒同様に、仕事のミスで上司から怒られて「おしおき」されるのが王道のシチュエーション。
特に黒パンストで叱られながら足コキをされるのが至高のプレイです。

看護師と患者

入院患者の所へ回診に来た女看護師という設定が良くあるパターン。
熱を測ったり身体を拭いてもらったり、介抱されている内に犯されてしまうといった流れです。
興奮したポイントとしては、イメクラ嬢が官能的ではなく看護師になり切って淡々とした看病を行ってくれた事。
こういった嬢の演技力もイメプでより興奮するファクターになっています。

セックス上手な痴女のエロリアクション

痴女の魅力は単純にセックス好きで、いつでもヤらせてくれそうな所だけではありません。 セックスが大好きでセックス上手な痴女は、行為中の上手なリアクションによって実に質の高いセックスを提供してくれます。 男性にとって、気持ちよさそうに良い反応をしてくれれば、より興奮できると同時に自身にもつながりますよね。 今回は痴女が魅せるセックス中のリアクションについて紹介していきます。

目を見つめる

挿入時でもフェラ中でも、こちらの目をじっと見つめてくれます。 目を閉じてじっくり感じている姿も良いものですが、恥ずかしくなるぐらい目を見つめられると、こちらを意識して受け入れてくれている実感がわいてきませんか? フェラチオの最中では下からじっと見つめられると、こちらの反応をうかがっているようで、真剣に気持ちよくしようとしている思いが伝わりますね。 さらにバックでの挿入時、後ろを振り向いてこちらの顔を見つめられると、もっと突いてとおねだりをしているようでなお良し。

とにかく触れる

女の子の方から身体を触ってくれるのは男にとってかなり嬉しい事。 キスをしている時も二の腕や頬に手を添えてくれるだけでも興奮度は違います。 クンニや乳首を吸っている時でも頭など触ってくれると、しっかり感じているんだなと思えます。 ノーハンドフェラでも、太ももの上や膝に手を乗せてくるとなお良し。

身体にしがみついてくる

完全に自分に身を任せてくれている感じがして、今このセックスを一緒に楽しんでくれている思いになります。 キスや正常位で挿入中に、腕をこちらの首の裏にまわしてしがみついてくれると、密着度が上がってより気分は高揚します。 しがみつく際もより力強く、手のひらに力を入れて皮膚を掴むようにしてくれるとなお良し。

「気持ちいい」を言う

言葉の意力は絶大です。気持ちいいの一言で、男はどれだけ自信にみなぎるか。 あまりに連呼しすぎると演技臭くなってしまいがちですが、言うのと言わないのでは雲泥の差です。 先述の目を見つめたりしがみ付きながら言うとなお良し。

キスをしてくる

キスは単純に見えてかなり高い愛情表現の効果を持つ好意。 女性の方から来るキスの要求は底なしに嬉しいものです。 口だけでなく胸や二の腕、頬や首筋などにもキスをしてくれるとこちらの体全身に対しての愛を感じれてなお良し。

ピストン中動いてくれる

決してこちらの動きがヘコいからではなく、お互い気持ちよくなることに協力的な印象を受けます。 バックでは自分から腰を前後に動かしてくれたり、正常位では腰に手をまわしてピストンを誘導してくれたり、一緒に気持ちよくなるんだという意気込みを感じますね。 こちらの乳首をいじりながら騎乗位で腰を振ってくれるとなお良し。

手を握る

もちろん恋人繋ぎ。こちらも女の子の方から不意にやってくれると男は喜びます。 握らずとも、女の子の体に触れているこちらの手の上へ、かぶせるように乗せてきてくれるのもGood。 後ろからおっぱいを揉んでいる時の手に添えてくれるのも良いですね。ビクンと感じた時に握った手も力を入れてくれたらなお良し。

拷問もいつかは快楽になります

SMプレイ

M男性との様々な調教。その人の趣味嗜好を中心としたプレイ、お仕置きと題したプレイ、痛みや苦痛を伴うハードなプレイ。いろいろあるけれどどんなプレイも『初めは苦痛しか感じないプレイも最終的には気持ちがいい快楽プレイになっている。』ことです。

苦しみと快楽はやはり表裏一体なのだとM男性との調教でいつも感じさせられます。

あるM男性の調教のこと。
彼はスカトロ嗜好者で女性のアナルからウンチが出てくるところを見るのが好きでした。その姿がどうにもたまらなく興奮するのです。初めは見るのが好きなだけでしたが次第に味わってみたいという欲求も芽生えてきました。

そう感じるようになったのはSMパートナーとの出会いがきっかけで責め好きな彼女はM男性の性質を理解しツボを抑えながら調教していきます。

初めは出した後のアナルを舐めさせるところから進めました。
出し終わった後のアナルはどうなっているのか?そんな興味を突いたところから食糞調教はスタートします。

いつものアナルとは違い出し終わった後はうんこがアナルに付いている、そして臭う、クサイ!舐めるのにはかなりの勇気がいった。そう簡単には舐めることが出来ず鑑賞専門だと感じていた。

スカトロプレイが他とちょっと違うところは、出せる出せないは相手次第のため自分の努力や頑張りではどうにもならないこと。そして受け入れてくれる女性は本当に少ないこと。
そんなこともあり、調教の度にスカトロプレイが出来るわけではなく彼女の調子が良い時だけスカトロプレイをしていました。

そのため、スカトロプレイが出来るときM男性は大変喜びプレイする前から勃起状態。

「今日は調子が良くてたくさん出たから、出会た後のアナルがどんな状態なのか確かめてくれない?」
そんな感じで、とっくに言葉責めで洗脳されていたM男性はついにペロリと舐めた。

「おぇっ!!くさっ!マズっ!」
むせながら苦しみました。

眺めるのと食すのでは距離感が全然違います。体感が全然違います。

どうともいえない、洗っても落ちきれない残りニオイと味でテンションが下がりましたが、新しいことも発見しました。

出した直後のアナルは、通常よりも開きやすく、通常よりも温かい。
あれだけニオイや味が苦手だったのに、あとあとになって気になってしょうがない。もう一度試したくなる後を引く感覚。

一度強い衝撃をくらうと、それ以下のものでは快楽を得にくい状態になってしまったのです。
SMプレイはそれの繰り返しで調教内容がどんどんエスカレートしていくことがあります。

そうなると、次からはただうんこが出てくるのを見てるだけでは満足しないようになり、出した後のお尻を広げて舐める行為がしたくてたまりません。
その欲求が満たされないとストレスがたまるのです。

「ケツを紙で拭く前に、まず舐めさせてくれよ」
以前よりももっと深くスカトロプレイが好きになった証拠です。

そして、相手は責め好きな女性。今度はM男性を便器代わりに直糞したり、食糞を進めていきました。
M男性は、大好きな女性の体から出た素晴らしいモノ全てを無駄にしたくないため全てを受け入れようとしました。

スカトロプレイの最大の難関は食糞です。
「食べる」まで出来れば完全なスカトロマニア。

鑑賞から、便器、食糞と段階を順々に行い、最初はどうしても苦痛を感じます。慣れない苦痛。汚いものが自分に降りかかるという精神的な苦痛。糞まみれになる屈辱。いろいろ降りかかってきます。

もう無理。と毎回思いますが、ある日突然、ふと、クリアできる時が来る。その時の達成感は非常に爽快で誇らしいものです。
それがたまらなく嬉しいので回数をこなしているうちにいつの間にか好きなプレイになっていきます。

食糞はスカトロ好きで食べたい気持ちがあってもなかなかできないという人も多いですが、ふとした瞬間にいけそうと思う時があります。
そうさせる相手の工夫もあると思いますが、そうやって初めは拷問でも、回数を重ねていくうちにいつの間にかご褒美や快楽に繋がっていくのです。

肉体で感じるプレイは純粋に“気持ちがいい”からやりたいですが、精神で感じるプレイは気持ちがいいプラス“達成感や喜び”も含まれるので非常に密度の濃い快楽を味わうことができます。

何がどう変わるかはわからないのでいろんなプレイを試して食わず嫌いにならないように常にチャレンジしていきたいものですね。

1 / 7412345...最後 »

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る