痴女プレイに興味があるM男性へ~痴女出会いサイトの紹介

痴女プレイ出会いサイト

「痴女プレイって気持ち良さそー!」
「痴女さんにイジメられてみたい」 「でも、痴女ってどこにいるの?」

というアナタ痴女さんと出会える専用のSNSコミュニティへどうぞ!
いろいろなSNSを分析してみましたので、ぜひご参照ください。

■痴女さんと出会えるSNSコミュニティの紹介ページ

痴女出会いサイト分析

■サイトの利用方法・痴女さんと出会うまでの流れはコチラ

痴女との出会い攻略法

痴女出会い探査機

エリア:

目的:

今すぐ検索する

痴女プレイ体験談

女装中にオシッコしたくなったらどっちのトイレに入る?

女装プレイが高じて外出にもチャレンジしたくなった時に考えなければいけない大事な事があります。
それが、女装で外出中のトイレ事情です。
女子トイレか男子トイレどちらに入るべきか。
今回はこちらのテーマについて考えを馳せてみました。

男女共用のトイレが最善

女装中のトイレは男女共用の所が一番いいのですが、屋外に設置されている数としては少数ですよね。
コンビニであれば多目的トイレがある店舗も増えていますが、車イスや赤ちゃんを連れた人など本当に多目的トイレが必要な人が、使いたい時に使えない事が一番マズいのでなるべく避けたいですよね。
多目的トイレを使ってはいけないというルールはありませんが、思いやりやマナーも大事にするのが気持ちのいい女装プレイってもんでしょ。

女子トイレはNGか?

法律上ではアウトとする見方もあれば、要件にはならないとする見方もあります。
戸籍上の男性が、女性用のトイレに入ってしまうと「建造物侵入罪」となりますが、刑法130条では、「正当な理由が無く、人が看守する建造物に侵入する」ことがアウト。

「正当な理由」の判断基準は、そのトイレ(建造物)を管理(看守)している人の基準です。
トイレの管理者が許可していない人が入るとアウトになります。
なので、トイレ清掃業者の男の人が女子トイレに入ったとしても、管理者が許可しているのでOKという事。
管理者が女子トイレに男の人も入って良いよ、と言えば法律で罰せられる事はありません。
もちろん覗きや盗撮目的などで侵入したらアウツです。
許可が無くても、女子トイレから叫び声が聞こえた、助けを求められたなどの緊急時には正当化される事もあります。

「看守する建造物」とは、公共の場にある誰かに管理された建物全ての事で、早い話が自分の家にあるトイレ以外は誰かが管理してる物だと考えましょう。
この法律はトイレだけを指して言っているのではなく、管理されている建物全般に言っている法律です。
なので法律のお仕事をしている弁護士さんによっては、女装してお店など商業施設に入るのはOKなのにトイレだけNGなのは道理に合わない、と反論出来るのだそうです。
単純に女装しているかどうかは大した問題ではなく、女子トイレに入る目的が盗撮などの悪い事であれば適用される法律ですね。

管理者の裁量によるところもポイントなので、NGかNGじゃ無いかや、法律どうこうよりも、結局のところ女装しても女子トイレには入らないほうが無難。
管理者がダメと言えばダメになるし、管理者でなくてもその場に居合わせた正義マンに取り押さえられてトラブルになるでしょう。
むしろ女子トイレの利用をOKしているトイレは、盗撮や覗きなど防犯の観点から考えると、どうなの?って思いますね。

女装子だけの問題じゃない

女装子や男の娘だけでなく、トランスジェンダーな方やLGBT、性同一性障害な方にも関係してくるこのテーマ。
身体は男性だが、心は女性という人の多くも、この問題を抱えています。
自分は女という自覚があるのに女子トイレに入れない悲しさ、当人たちは想像以上の屈辱を味わっている事でしょう。
まだまだ社会ではこの問題に関していい答えが出ていませんが、男女兼用だったり性的マイノリティのための設備も整って来ているのも事実。
本来であれば堂々と女子トイレを使える事が理想ですが、まだまだ入り辛さを感じる今の時代、入るか入らないかは個人の裁量によるところが多いです。

【格闘プレイ】柔道家黒帯の巨乳娘にボコられた話

中学時代の3年間、もともと喧嘩が強くなりたかったという理由で柔道部に所属していた私が、大会前の他校合同練習で巨乳娘にボコられた時の話。
本来習った技や身に着いた技術は試合以外で使うのはご法度ですが、若気の至りというか、強くて悪いヤツの方がカッコイイと思えた青春時代でした。
実際に部活の練習が本格的に始まると、体つくりの筋トレや走り込みなど、めんどくさがりな私にとっては地獄そのもの。
毎日サボりたい気持ちでいっぱいでしたが、柔道部担当の師範代の先生が悪魔的に怖い人だったのでそうもいかず、部活の時間が来るたびにイヤな気持ちになっていました。
しかしヤル気が無くとも部活の練習をこなしていったことで、体は正直に変化していき、目に見えて筋力が上がっていった事やスタミナが付いてきたこと、何より技を決める事に対して楽しさが芽生えてきました。

中学も3年生になり、気付けば初段試験に合格して黒帯を締めれる有段者となっていた私。
初段と言ったら黒帯の中でも一番下のランクですが、それでも気の引き締まる思いとちょっとだけ強さを誇示したい気持ちがあった時期です。
そして中学生最後の部活動大会に向けて、他校の柔道部員と合同で練習をして最後の調整をしようという事に。
午前の部と午後の部で3時間ずつ、合計6時間の間、ひたすら柔道に打ちこむという結構ハードなスケジュールでした。
午前は準備運動からストレッチに始まり、ランニングや自分の得意な技の確認など、知らない他校の生徒との交流も兼ねて和気あいあいと行われました。
そこに集まった生徒たちは、さすが柔道ッ子といった感じに、とにかくデカくてゴツくて坊主な連中ばかり。
私も当時で170センチぐらいはあったと思いますが、それでもデケェな、と思える巨体の坊主がゴロゴロいました。
この練習会は男子だけでなく、女子と混合で行われたため、可愛い顔しているのに技のキレが良い子だったり完全パワー系のトロールみたいな女の子もいて、わちゃわちゃ楽しみながらこなしていった事を覚えています。
その中でも印象的だったのは、私よりもはるかに背が高い、ショートカットの柔道娘が居たという事。
分厚い柔道着の上からでも分かる巨乳感と、沖縄県民のような彫深いハーフっぽい綺麗な顔立ちが、ここに集まった中坊の誰よりも浮いて見えました。

午後になって1時間半のお昼休憩になり、道場内でそれぞれお弁当を食べました。
そこでも他校の生徒と交流し、みんな人見知りや気まずさもなくすぐに打ち解けた気がします。
お弁当を食べ終わると余った時間でゆるい寝技やプロレス技をかけあって遊んだり雑談したりしました。
朝からの練習でそこそこ身体を動かしたのに、その時出来た新しい友達と全力で遊ぶなど、当時の無尽蔵な体力が懐かしい。
お昼休憩が終わり、午後からの練習は実戦よりの練習がメインとなります。
武道の練習には「乱取り」と呼ばれる本番さながらの組み手や試合をランダムな相手と時間を区切って行う方法があります。
今回の練習では道場内をざっくばらんに散らばり、適当に近くに居た人と3分程度技をかけあって一拍。また別の近場に居る人と組んで技をかけあうと言った具合です。 乱取りも男女混合で行われ、もちろんあの長身巨乳柔道娘と試合する可能性もありますが、この時点ではあまり意識はしていませんでした。

乱取りが終わり、続いて寝技をメインに乱取りを行います。
寝技とは「抑え込み」の時に使う技の数々を言います。
一本以外の投げ技で相手を倒した場合に、畳に相手の肩を寝技で抑え込み、25秒間(オリンピックや各大会によって変化)抑えつければで一本が決まるため投げ技で一本勝ち出来なかった際は寝技で勝利を狙うのです。
寝技の練習は乱取りとは違い、お互い両膝を着いた状態で始まります。
体重移動や純粋な腕の力と膝をついた足をテコに相手を倒し、抑え込まれた側も関節の柔軟性に任せて脱出を図る、といった一連の攻防が基本。
その練習のさなか、事件は起きました。

そろそろ疲れが出てきて動きも鈍くなってきた頃、次の相手を探して身近な人と組もうと顔も見ずに「お願いします」と話しかけた相手が、あの巨乳柔道娘でした。
「ああ、あの女の子だ」とこの時はその程度に思いましたが、すぐにこれは負けられないという男としてのプライドが芽生えます。
「始めい」の合図で組み合うのですが、柔道着のどこを掴んでいいのか若干迷っていると、素早くこちらの襟首をとられあっという間に倒されてしまいます。
ナチュラルに力が強い。握力も相当で、こちらの襟首を掴んだ爪と道着が擦れてギチギチと音を立てました。
しまったスキを突かれたと思いながら、仰向けにされた身体を横にして、抑え込みから脱出しようとした次の瞬間には、顔の上に柔らかい塊を押し付けられていました。
この時私がかけられた寝技は「袈裟固め」という柔道を始めるちびっこなどに一番最初に教えるオーソドックスな寝技の一つ。

このように、右腕と首をがっちりホールドされ上半身をこちらの胸の上にのしかかられ、授乳を受けるような構図になります。
相手は抑え込みを解かれまいと、両腕でがっちりロックしつつ体重をかけるので嫌でも胸が顔押し当たるんです。
おっぱいが当たってるという感覚に正直ニヤニヤしてたと思います。
でも気持ちとしては、倒されたし力も強いし、悔しい思いもありました。
多感な中学生のガキではありましたが、意外に興奮せずこの勝負には勝ちたい、女には負けたくないと言った気分が強くなっており、もぞもぞと抑え込みを解こうとしていると時間切れ。
見事に負けました。完膚なきまでにスタイリッシュに、こうもあっさりと負けてエロい思いが出来たという喜びは無く悔しいの一言。
ある意味その後の練習に熱が入りましたが、残念ながらその子とはそれっきりでした。

大会当日、他校から集まった多くの柔道部員の中から例の巨乳柔道娘を探しましたがそれらしい子はどこにもいません。
聞くところによると、合同練習に来ていた他校の先生の娘だそうで、高校生であり彼氏持ち。柔道家の父と同じく柔道柔道部員の彼氏がいるそうです。
親も柔道家、彼氏も柔道家、そりゃ強いワケだわ。

ぽっちゃりと痴女・出会って即ハメした時の話

某ワクワクメールのアダルト掲示板で、ぽっちゃり痴女と出会えたのでセックスしてきました。

相手のスペックは、得られた情報では以下の通り

年齢:20
職業:女子大生・コンビニバイト
体重:160cmぐらい
身長:63kg
胸:Eカップ

写真交換した時の印象ではぼちぼち可愛いかなといった感想でした。

ワクワクメール内でのやり取りもそこそこにしてLINEを交換。

アダルト掲示板を使ってた目的やどんな事が好きなのか、といったやり取りをしました。

どうやら自身の性欲が強くてとりあえずヤれてホテル代出してくれる良い人が見つかれば良いな、という軽い気持ちで掲示板を使っていたとの事。

話の流れからLINEのビデオ通話でおっぱいやらマンコやら見せてもらって、お互い盛り上がったところで会って遊んでみることになりました。

で、その日の夜9時に駅前で合流。

ホームを降りて電話を掛け、難なく会うことが出来ました。

その子は交換した写真とあまり違いは無く、ぽっちゃりしたタレ目の小動物系の可愛らしさがあります。

既にセックスする事が確定している分、こちらの気持ちも大きくなって早速手をつないで移動を開始。

とりあえず適当な居酒屋で腹ごしらえと軽く一杯入れに行きました。

店内には他のお客さんがいたのですが、結構なエロい話題で盛り上がり、この後ホテルに着いた時への期待が高まります。

お酒も入ったことでちょっと赤くなった顔が妙に官能的だったのを覚えています。

そして「そろそろやりたい」との事だったのでお会計を済ませ、ルンルン気分でホテルへ向かいました。

もちろん手をつないで彼氏気取りはそのままです。

ホテルに到着して適当な安い部屋を選んで入室。

扉が閉まると荷物も上着もそのままに、この女はいきなり抱き着いてキスをしてきました。

何となく、話が分かる子だなと思いながらこちらもグリグリと舌を入れます。

するとすでに半立ちになって我慢汁が若干溢れている私のチンコに、ふわっとその子の手が覆いかぶさりました。

おお、来た来た。そう思いながらも部屋のドアの前で一発ヤるのは嫌だったので、ベッドへ誘導。

荷物をおろし上着も脱いで身軽な状態になった時には、その子は既にパンツとブラだけ。

脱がせる楽しみを奪われた気がしましたが、むっちりした身体と白い肌、そこそこ大きなおっぱいに雄度を止められずベッドイン。

さっきのキスの続きをしながら自分も服を脱いでいき、ついでにブラも剥ぎ取りました。

ぽっちゃりにありがちなデカめの乳輪も真っピンク色でSooGood.

乳輪の割には小ぶりの乳首に吸い付くと、初めて喘ぎ声をあげました。

反応はとてもいい。

吸う・舐める・噛む等のコチラのアクションに対して逐一リアクションしてくれる。

そしてまだ片方の乳首も吸い切っていない時、おもむろに股間を触られます。

自然と仰向けになる私。そして流れるような動作でパンツを下ろされ、半立ちになったチンコを食い気味に口へとやりました。

まだ何も言っていないのに、見事な意思疎通によって当然のようにフェラチオを始める。

ぽっちゃりな痴女はやはり口もエロく、口内も肉厚で下手な風俗嬢よりもうまいフェラを仕掛けてきます。

フェラチオの気持ちよさとは、吸引力と歯以外をどれだけ面積広くチンコに密着出来るかがカギとなる。

自分は時折カリに擦れる歯もいい感じのアクセントとなって好きですが、この子は全く当てないナチュラルに上手な子でした。

口内ではさらに尿道周りを舌先で愛撫され、自然と目が虚ろになり数分であえなく昇天。

軽く足をばたつかせ喘ぎ声が漏れるほど感度の高い射精でした。

しかしイキ切って尿道内に残った精子も全て吸い付くし、賢者モードに突入する時間帯になってもチンコを咥えたまま。

イッたままのギトギトチンコを口内でさらに舐め回され、敏感な亀頭を存分に虐められます。

射精後のチンコをフェラチオされるのは正直苦痛。

自然と腰が引けて逃げようとしますが、何度か口からチンコを脱出させる事が出来てもすぐに追いつかれてフェラチオの餌食に。

この女、本当にエロいな。男の潮吹きを目指しているかのような執拗な責めのさなか、薄れゆく意識の中でそう思った私でした。

圧迫プレイが好きなM男は意外に多い

ペニバン

M男が好きなプレイとして射精管理、アナルプレイ、赤ちゃんプレイなど聞いたことがあるメジャーなものがいろいろあります。それと同じように圧迫プレイが好きな人も意外と多いのです。
なんだ?その圧迫プレイってのは?と思う人もいるかもしれません。
まぁ、その名の通り圧迫されて感じてしまう変態プレイです。

これは赤ちゃんや小さい子が毛布にくるまれると安心するのと同じように、何かに包まれるとどこか安心し、それがいつの間にか性的興奮する材料になっていったのです。
フェチ性が高いプレイで、圧迫されるものにすごいこだわりや執着を持っています。

女性のおっぱいやお尻に潰されたい。これは多くの男性が好きなもののひとつかもしれませんが、変態度が上がっていくと「なぜそれで興奮する?」というものを好みます。

ラップでぐるぐる巻きにされる、圧縮袋の中に入って密閉される、全身ラバースーツで口と鼻意外包まれる、包帯や布で顔面グルグル巻きにする…。。。
ギュッと圧迫されて尚且つ呼吸管理される。
この全身を隈なく管理されることに幸せを感じてしまうのです。

肌に張り付く感触。肌呼吸ができず息苦しさや窮屈さを感じ、口や鼻を女王様に抑えられれば完全に呼吸が出来ない。
苦しみの中で自分の感覚が研ぎ澄まされ敏感に・鋭くなっていく。
目を閉じれば、その研ぎ澄まされた状態で自分を見つめ直す時間がやってくる。

研ぎ澄まされた感覚は外からの刺激をいつも以上に敏感にキャッチし性的興奮に繋がる。
窮屈な中に安心や気持ちよさを感じ、今ここでしかないこの瞬間を楽しむ。

実際に圧迫した状態で乳首や性器など性感帯となる部分に触ると非常に気持ちが良い。
身体は緊張しているのだが気分はリラックスしていて、丁度いい状態で気持ちがいい興奮を受けるのです。

その刺激がどうにも止められず、オナニーをする感覚と同じように定期的に快楽を求めてしまう。

圧迫プレイは、そこに“好きなもの”でなければ全く意味がなく絶頂にたどり着けない。
ラバーが好きなのにラップでぐるぐる巻きにされても全然気持ち良くないのです。

包まれる気持ちよさ、呼吸管理による若干脅かされる命の危機、研ぎ澄まされる感覚。
これが病みつきとなって好きになってしまうM男が後を絶たないのです。

興味がないあなたも、もしかしたらハマってしまうかもしれません。
圧迫プレイや呼吸管理をしてくれる女王様に一度調教されてみてはいかがでしょうか。

SMパートナーとの出会いはどこで探す?

メール調教

SMパートナーとの出会いは、ネットだけでなくてもハプニングバーやSMクラブなど、最初からディープな所を攻めるのも手だ。
最初の投資は高く付くが、一度知り合えたら濃厚な関係を結ぶことが出来る。

ただ、よりカジュアルに、気軽に出会おうとしたらネット掲示板やSNSは欠かせないだろう。
むしろそういったカジュアルに出会いたいSMユーザーが多く、ネットで出会おうとする需要が高い分、サクラサイトや詐欺サイトが多く溢れているのも現状。

特に無料を謳ったSM掲示板では、男性ユーザーは本物の人間が書き込みして全うに利用しているケースが多いのですが、女性ユーザーは業者のなりすましやID回収、サクラや冷やかしなど嫌がらせが横行している。

やはりまともな出会いを探すなら、老舗の大手出会い系アプリでお金をかけて同じ趣向のユーザーと出会うのが賢明と考えがち。
ただ業者やサクラの存在は必ずいるものと割り切って考えれば、無料のSM掲示板でも出会える可能性は十分にある。

結局の所、男も女も考えるの、無料に越したことは無いという事で、無料のSM掲示板にはサクラや業者以外にも女性ユーザーはいるという事だ。
大事なのは、そういった連中を見分けるスキルであり、できた話や良い条件、可愛すぎる写真や展開の速さに気を付ければ、だれが人間で誰が偽物なすぐに分かるだろう。

1 / 7412345...最後 »

    痴女お姉さんと格闘技[FIGHT CLUB]

    FIGHT CLUB

    FIGHT CLUBの特徴

    痴女なお姉さんと汗だくになりながら格闘技を掛け合いたい。 そんな思いを実現した格闘マニア必見の日本一大きなコミュニティサイトです。 ただ無心にプロレス技をかけあっても良し、格闘しながらエロに持っていくのも良し。 今流行りに流行っているプレイを体験できるのはここだけです!

    続きを読む

    フェティッシュSM専門コミュニティ[フェチナビDX]

    フェチナビDXの特徴

    脚フェチ・尻フェチなどカラダの一部分に魅かれる方や、声フェチ・ヒールフェチなどカラダの付随物に性的興奮を覚える「フェチ」な性癖を持つ男女のためのコミュニティです。 あなたの心の中に隠してあるフェティシズムを開放し、それを満たしてくれるお相手を見つけてください!

    続きを読む

    S女M男に大人気の射精管理専門コミュニティ[射精管理斡旋所]

    射精管理斡旋所

    射精管理斡旋所の特徴

    射精管理が好きなS女・M男が集まっています。
    射精管理はS女M男向けのSMプレイとして、定番のプレイです。
    メールでも調教できることから、会う前のお試し調教として管理している人たちも多いでしょう。
    ここでは射精管理専門でパートナーを見つけるコミュニティです。

    続きを読む

サイト内検索

お問い合わせ

Topに戻るTopに戻る